様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、あるコンサルタントの方から、いいお言葉を聞くことができました。その方曰く、「同じ人生を送るのなら、仕事を楽しくすることが大切。40年働くとしたら、昼間の時間の大部分を仕事ですごすはず。その仕事に生きがいを感じないのは、不幸の何者でもない。今、行っているやり方をどんどん変えて、新しいことにチャレンジし、進化させていくことで、充実した人生を送ることができる。」とのこと。
 また、ある経営幹部の方は、次のように指摘しています。「仕事をしてやっていると思っている人と仕事をさせていただいていると考える人との間では、大きな格差があり、後者がいい仕事をできる源泉である。仕事に対する謙虚な気持ちで、前向きな姿勢が生まれる」とも述べています。
 この2人の言葉は、非常に心に残りました。自分の仕事に対する姿勢を改めて考えさせられた1日でした。

【2005/10/25 23:53】 | 組織行動
トラックバック(0) |


ちぇじう
ほんとにそのとおりですよね。何事にも誠実にのぞんでいれば、試練はすべて自分を鍛えるものとなっていきますよね。
感謝の気持ちを忘れず、どんなときでも、どんなことでも、「はい喜んで!」と引き受けていける自分でありたいです。(めちゃくちゃ難しいことですが)


Big Voice
ちぇじうさま

いつもコメントありがとうございます。
>感謝の気持ちを忘れず、どんなときでも、どんなことでも、「はい喜んで!」と引き受けていける自分でありたいです。
ある居酒屋で、注文をうけた店員がこの言葉を使っているのを思い出しました。
私:「ビールをお願いします」
店員:「はい。喜んで。」
私:「枝豆をお願いします」
店員:「はい。喜んで。」
おかしくて、笑ってしまいそうになりましたが、気持ちがいいですね。普通なら、ありがとうございます。くらいな返答しかないのが普通ですが、この言葉が頭に残りました。また、その店員の態度がものすごく良かった印象がありました。言葉に出して使ってみるのもいいかもね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ほんとにそのとおりですよね。何事にも誠実にのぞんでいれば、試練はすべて自分を鍛えるものとなっていきますよね。
感謝の気持ちを忘れず、どんなときでも、どんなことでも、「はい喜んで!」と引き受けていける自分でありたいです。(めちゃくちゃ難しいことですが)
2005/10/27(Thu) 01:16 | URL  | ちぇじう #-[ 編集]
ちぇじうさま

いつもコメントありがとうございます。
>感謝の気持ちを忘れず、どんなときでも、どんなことでも、「はい喜んで!」と引き受けていける自分でありたいです。
ある居酒屋で、注文をうけた店員がこの言葉を使っているのを思い出しました。
私:「ビールをお願いします」
店員:「はい。喜んで。」
私:「枝豆をお願いします」
店員:「はい。喜んで。」
おかしくて、笑ってしまいそうになりましたが、気持ちがいいですね。普通なら、ありがとうございます。くらいな返答しかないのが普通ですが、この言葉が頭に残りました。また、その店員の態度がものすごく良かった印象がありました。言葉に出して使ってみるのもいいかもね。
2005/10/27(Thu) 07:01 | URL  | Big Voice #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。