様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計数字の分析を行う時に、なぜ、この数字が出力されるのかを意識し続けること、これが非常に重要なことはいうまでもない。肝心なことは、数字の背後に起こっている経営現象を具体例で説明できるかにあります。この手の分析をよく行う人なら、あたり前の話であるが、時間と分析の精度を問われる重要な作業だけに気が抜けない。

本日も、パートナーと夜中まで分析を行っていたのですが、一人でもんもんと行っているより、ブレストして作業を行う方が、効率がいいですね。一人が仮説を立てる。それに対して相手が自分の意見を述べる。二人の議論で、関連性が導き出せそうなら、分析を開始するといった具合だ。結構、分析する切り口の直感が作業時間に影響します。

【2005/10/19 01:42】 | 管理会計
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。