様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政民営化法案が、衆議院本会議に引き続いて参議院でも可決されました。これで、民営化の路線は本格的に進むことになります。この一連の騒動の中で、私が注目したのが、聖子ちゃんです。我々の年代で、聖子ちゃんといえば、松田聖子を思い浮かべますが、本日の話題は、野田聖子ちゃんです。

今回の衆議院で彼女は、法案賛成票を投票したのですが、その理由を彼女の公式HPで語っています。以下がその内容の一部です。

>私は法案反対という自らの政治的主張は完敗したと率直に認めます。

>総選挙前、本会議での反対によって法案を廃案にする可能性があったからこそ私は青票を投じ、別に提出していた対案を軸に郵政改革を進めることを目指しました。

>総選挙後、状況は一変しました。与党が圧倒的多数を占める国会で、私が再び反対しても法案成立を阻止することはできません。

この身代わりの早さは、何ともいえない気分になりますね。自分が信念をもって反対した行動を、法案成立を阻止することができないから賛成したというのは、あまりにも風見鶏的だと思います。あれだけ、反対反対といってきたのは何だったのだと憤りを隠せません。

企業の中でも、こういった社内の風向きに柔軟に対応して行動を変えていく人がいます。私の経験からすると、そういった人は、真の信用は得られていないことが多いです。ただ、図太く生き残っていくには、この種の人は、抜群の生命力を持っています。野田さんは、当面、表舞台には登場してこないかもしれませんが、数年後に復活してくる可能性があるのではないでしょうか?新党に移った人より耐性があるかもしれません。

自分が今まで主張してきたことを大きく転換する時、彼女のような行動は、一つの選択肢としてあることがわかりました。彼女の行動をどう見るかは、読者の判断意に任せますが、負けをあっさり認めて、白旗を揚げ、勝機を待つことも長期的に生き残る手段の一つかもしれないと。私個人的には、野田さんのファンでも主義主張に賛同しているわけでもないですが、この種の葛藤は、誰にでも降りかかるシーンではないかと思いました。

皆さんなら、自分の主義主張が非常に形勢不利になった時にとる戦略として野田聖子さんを行動を認めますか?綿貫さんら新党に移った人の行動の方が、よっぽど素直で理解しやすいと思いますが、将来的には、意外と野田聖子さんの方が政治家として長生きするような気がしてなりません。

【2005/10/14 23:26】 | 組織行動
トラックバック(0) |


Pin
お久しぶりです。BigVoiceさんのBlog、ちぇじうさんに教えてもらい、訪問しました!BigVoiceさんのご活躍ぶりが感じられ、とても励みになります。私は今は企業を離れ大学や財団法人の研究機関で働いていますが、企業と大学とでは経営管理が全然違うことを実感してます。私ももうちょっと言葉のセンスを磨いて、自分から情報発信?できればいいなと思ってます。


大学のマネジメントは難しい
Big Voice
Pinさん

本当にご無沙汰しています。また、初のコメントありがとうございます。
財団法人の研究機関でお仕事をなさっているとの事、お元気で何よりです。ネット上で会うと遠くにいても身近に感じますね。

大学の経営管理は、いずこも本当にうまくいかないようです。経営学で名を馳せている大学も、一番駄目なのが大学のマネジメントだそうです。一匹狼と派閥の争いで、大学組織としての一体感が中々醸成されないのが一番の要因かな?

研究者の領域に留まらず、広い世界観を持つことが大切ですよ。また、ちょくちょくご訪問くださいませ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。BigVoiceさんのBlog、ちぇじうさんに教えてもらい、訪問しました!BigVoiceさんのご活躍ぶりが感じられ、とても励みになります。私は今は企業を離れ大学や財団法人の研究機関で働いていますが、企業と大学とでは経営管理が全然違うことを実感してます。私ももうちょっと言葉のセンスを磨いて、自分から情報発信?できればいいなと思ってます。
2005/10/16(Sun) 01:22 | URL  | Pin #-[ 編集]
大学のマネジメントは難しい
Pinさん

本当にご無沙汰しています。また、初のコメントありがとうございます。
財団法人の研究機関でお仕事をなさっているとの事、お元気で何よりです。ネット上で会うと遠くにいても身近に感じますね。

大学の経営管理は、いずこも本当にうまくいかないようです。経営学で名を馳せている大学も、一番駄目なのが大学のマネジメントだそうです。一匹狼と派閥の争いで、大学組織としての一体感が中々醸成されないのが一番の要因かな?

研究者の領域に留まらず、広い世界観を持つことが大切ですよ。また、ちょくちょくご訪問くださいませ。
2005/10/16(Sun) 09:38 | URL  | Big Voice #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。