様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下の仕事をどこまで面倒見てやるべきか?これは非常に悩みどころです。細かいところまで指示をすべきか、任せてアウトプットを待つか、マネジャーの腕の見せ所かもしれませんが、実際の場面に遭遇すると本当に難しいです。

私の場合、部下が自分の今まで行ってきた業務の一部を移管するメンバーであり、本人も精神的にタフな前向きなタイプなので徹底したスパルタ方式を採用しています。

弱点を補強してあげるべく、アドバイスしているつもりがいつの間にか説教に変わっているシーンも多々。自分は大した人間ではないのに、こんなに偉そうにいっていいのかと内省することもしばしばあります。最近は、言葉の片隅に、お前のことを気にかけているとというスタンスで、声をかけるようにしているのですが、相手は本当にどう思っているか疑問です。

部下を育てるには自分に何が欠けているのか、もっと考える必要性を特に感じています。

【2005/10/08 07:57】 | 気付き
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。