様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織の目標や個人の目標を上手に作る秘訣があることを知りました。
その内容とは、以下の「ぐたいてき」を実行することです。

①「ぐ」具体的な目標をたてる
②「た」達成可能であるか
③「い」目標に意欲的になれるか
④「て」目標が定量化できる
⑤「き」記録可能である

語呂がいいので、覚えやすいですね。
①~⑤の「ぐたいてき」を実行するときには、本人の参画が不可欠です。特に、策定プロセスに参加しないと、やらされ感が発生し、達成意欲が減退してしまうとのこと。時間はかかっても本人に作成させることには意味があるんですね。

また、具体性のある目標を立てることは、意外と難しいです。私も、戦略目標を立てることがよくあるのですが、上位の目標と整合が取れるかをいつも悩んでしまいます。反対に、細かすぎて組織の目標と関連が薄くなってしまうこともよくあります。

いずれにしても、自分の腹におちた目標を作るにもちょっとした配慮や工夫でうまく機能するということです。そのためには、上司の我慢や前向きな助言が必要でしょうね。

菅原裕子(2003) コーチングの技術 講談社現代新書 ¥700
人気blogランキング
1クリック頂戴できれば幸いです。

【2005/07/20 07:18】 | 組織行動
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。