様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の旅をしていると、同じツアーに参加している方と妙に仲間意識が芽生えるものである。本日もそんな印象を特に受けた。

最初は、相手がどんな方なのか、猜疑心をもって様子を伺う。その後、同行しているうちに相手の表面的な気質が見え始めると妙に、少しずつ安心感を抱くものである。それがいい面でも悪い面でも。この人は、こんな特徴があるということを理解するだけで、心もとない気持ちが研ぎ解される。狭い空間に偶然に入った仲間。たまたま、同じ条件が揃ったというだけなのに、必然性がない故に変な先入観を持たない。

そんな態度は、典型的に無邪気な子供の行動に現れる。2日前に、初めてあったのに、今日は、他人にでも人懐っこく手を繋ごうなんて、相手の心の壁をすぐに打ち破れる。私にも、こんな壁のない時代があったのかもと思うと、この勇気をもっと取り戻したいとヒシヒシと感じた。

組織の壁というのは、実は、大人のもつ見栄や偏見といった些細な事から影響を受けたりするものだ。仲の悪い事業部を分析してみると、実は、本部長同士がいがみ合いしているだけだったという話をよく聞く。相手の心の中に入って、じっくり聞いてあげれば、壁なんて壊せるものなのかもしれないとふと思った。3歳のようちゃんに妙に励まされたような気がしてならなかった。
人気blogランキング
1クリック頂戴できれば幸いです。

【2005/07/16 02:13】 | 余暇
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。