様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある人から、リーダーに求められる統制力とは何かを教えていただいた。
その方がいうには
①しっかりとした計画を立てる
②みんなにきちっと伝える
③進捗を管理する

この3つをしっかりできれば、きっちりとした統制ができるというのだ。
しっかりと計画を立てるためには、だれが、何をどれだけの時間をかけてやる作業かを理解していなければなりません。その基礎をベースに、最適配分を行うのがここで言いたいことだそうです。しかし、それも自分の頭の中だけにしまっておいては何もなりません。それができたら、誰にでもわかる言葉で、自分の意図をきっちりと伝えることです。意外と自己満足した表現を使っていたりするものですが、相手を理解させる言葉を使うことが大切なようです。そして、最後は指示通りに進んでいるか、進捗をきっちり管理すること。これには、継続性が必要です。面倒くさくても、言いにくくても、任せっぱなしにせずに、自分で進捗を管理することが重要なのです。

言われている内容は、至って平凡なことですが、意外とできていないことが多いですよね。計画も立てずに、「あれしといて」、なんて使っているようでは0点です。私ももっと自分の考えをもつことと表現力を見につける必然性を感じています。
人気blogランキング
1クリック頂戴できれば幸いです。

【2005/07/09 21:11】 | ビジネスプロセス
トラックバック(0) |

大和言葉
げげげ
最近、美しい大和言葉を使おうと努力してます。シック・スシグマは「六標準偏差」、バランスド・スコアカードは「均衡得点表」…うそです(笑)加えて、相手に正しく伝えるには相手の世界観を理解しなければならないようです。最近ようやく気がついたのですが、うちの研究者達には「予実管理」「上市」という言葉が通じていませんでした。通じなかった言葉を分析すると、彼らの何が問題か結構見えてきます。そういえば周りをみると良いリーダー達は上位下達と進捗管理に加えて、結構この対話力のある人が多いようです。


Big Voice 
げげげさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

>相手に正しく伝えるには相手の世界観を理解しなければならないようです
>良いリーダー達は上位下達と進捗管理に加えて、結構この対話力のある人が多いようです。

この言葉すごく身にしみます。相手が何を大切にした仕事をしているのか、その価値観を理解することは、本当に難しいですね。私は、自分の価値観でばかり話しているようで、耳が痛いお話です。
この対話力を磨くためには、「聞く」ことから始めないといけないですね。

他者理解と自己理解
じゃっく
げげげさん、Big Voiceさんのおっしゃられるように「相手の世界観を理解する」「聞くことから始める」は非常に重要なことだと思います。この他者理解が欠けていると周囲の人間に影響力を及ぼすことが出来ません。

一方、自己理解も重要だと最近つくづく思うようになりました。この自己理解が欠けていると、他者の感情や考えは理解できるが、改善すべき自己の行動が分からず、結果として、対人影響力を発揮できなくなってしまいます。

先日、社内研修の一環で360度評価を受ける機会がありました。「自分が考える自分像」と「他人から見えている自分像」のGAPにビックリし、とても勉強になりました。気付きの機会を与えてくれるので360度評価は非常にお勧めですが、結構精神的にキツイので、自分にネガティブな情報を受け入れ理解するだけの柔軟性を備えた若い時期に実施した方が良いかと。その研修の講師がいっていましたが、ある年齢を過ぎると「360度評価は信用できない」「いわれなくても分かっている。分かってわざとやっているだ」「評価したヤツの能力が低く、分かってないんだ」と現実の評価を受け入れることが困難になってくるそうです。

統制力(リーダシップ)って、いろんな要素が複雑に入り混じって総合的なアウトプットとしてし顕在化してくるもの・・・とても難しいですよね。日々、勉強です。。。


Big Voice
じゃっくさん

>自己理解も重要だと最近つくづく思うようになりました。

意外と自分のことって分かっていないですね。この事は、妻によく指摘されます。
私も360度フィードバックを一度受けてみたいなと思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大和言葉
最近、美しい大和言葉を使おうと努力してます。シック・スシグマは「六標準偏差」、バランスド・スコアカードは「均衡得点表」…うそです(笑)加えて、相手に正しく伝えるには相手の世界観を理解しなければならないようです。最近ようやく気がついたのですが、うちの研究者達には「予実管理」「上市」という言葉が通じていませんでした。通じなかった言葉を分析すると、彼らの何が問題か結構見えてきます。そういえば周りをみると良いリーダー達は上位下達と進捗管理に加えて、結構この対話力のある人が多いようです。
2005/07/10(Sun) 05:57 | URL  | げげげ #uG6gtzZ2[ 編集]
げげげさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

>相手に正しく伝えるには相手の世界観を理解しなければならないようです
>良いリーダー達は上位下達と進捗管理に加えて、結構この対話力のある人が多いようです。

この言葉すごく身にしみます。相手が何を大切にした仕事をしているのか、その価値観を理解することは、本当に難しいですね。私は、自分の価値観でばかり話しているようで、耳が痛いお話です。
この対話力を磨くためには、「聞く」ことから始めないといけないですね。
2005/07/10(Sun) 08:37 | URL  | Big Voice  #7w.zRapU[ 編集]
他者理解と自己理解
げげげさん、Big Voiceさんのおっしゃられるように「相手の世界観を理解する」「聞くことから始める」は非常に重要なことだと思います。この他者理解が欠けていると周囲の人間に影響力を及ぼすことが出来ません。

一方、自己理解も重要だと最近つくづく思うようになりました。この自己理解が欠けていると、他者の感情や考えは理解できるが、改善すべき自己の行動が分からず、結果として、対人影響力を発揮できなくなってしまいます。

先日、社内研修の一環で360度評価を受ける機会がありました。「自分が考える自分像」と「他人から見えている自分像」のGAPにビックリし、とても勉強になりました。気付きの機会を与えてくれるので360度評価は非常にお勧めですが、結構精神的にキツイので、自分にネガティブな情報を受け入れ理解するだけの柔軟性を備えた若い時期に実施した方が良いかと。その研修の講師がいっていましたが、ある年齢を過ぎると「360度評価は信用できない」「いわれなくても分かっている。分かってわざとやっているだ」「評価したヤツの能力が低く、分かってないんだ」と現実の評価を受け入れることが困難になってくるそうです。

統制力(リーダシップ)って、いろんな要素が複雑に入り混じって総合的なアウトプットとしてし顕在化してくるもの・・・とても難しいですよね。日々、勉強です。。。
2005/07/11(Mon) 09:13 | URL  | じゃっく #JalddpaA[ 編集]
じゃっくさん

>自己理解も重要だと最近つくづく思うようになりました。

意外と自分のことって分かっていないですね。この事は、妻によく指摘されます。
私も360度フィードバックを一度受けてみたいなと思っています。
2005/07/12(Tue) 04:36 | URL  | Big Voice #7w.zRapU[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。