様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、巨人がセントラルリーグで3年連続優勝を飾りました。おめでとうございます。家族が全員阪神ファンに対して、巨人ファンは私1人なので、大きな声ではなく、こっそり喜んでいます。

この見事な優勝を飾った原辰徳監督は、今年特に株が上がりましたね。3月のWBCでの世界一、そして、今回のリーグ優勝。数年前までは、選手時代に見え隠れしていたひ弱さを虚勢を張ってカバーしているような印象がありましたが、優勝という結果がついてきて、虚勢が虚勢でなくなってきたように感じました。自信に満ち溢れて貫禄もでてきているように見えます。

選手の起用方法でも、生え抜きの若手や、安いハングリーな外国人選手を使うなど、長嶋監督時代とは全く異なった采配をとっての優勝は、見事だと思います。原監督が育てた若手といえば、去年あたりから成長著しい坂本やWBCに送り込んで経験を積ませた亀井をはじめ、東野、山口、越智など投手陣も成績を伸ばしています。

彼の采配のどこがいいのか、改めて考えてみると、
1.二軍で粋のいい選手を1軍にあげて抜擢しすぐに起用するなど選手の好不調を起用に反映している
2.コーチを信頼している
3.フロントとのコミュニケーションができている
4.ファンに憎まれないコメントをしている

特に1については、頑張ったら出場できるという下位組織やベンチ内のモチベーションアップとベテランの危機意識の醸成に貢献していると思います。これらはそっくり、会社の中でも通用することですね。選手を社員、ファンを顧客、フロントを経営陣と見立てると、中間管理職にとって非常に参考となることだと思います。星野監督も親分肌でいいですが、冷静な判断で勝負する原監督の手法もユニークで、個人的に気に入ってきました。

【2009/09/23 21:09】 | 組織行動
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。