様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表題の「人を動かす10の法則」という書籍をアマゾンドットコムのマーケットプレイスで、古本購入しました。この本は、最初に購入されてからかなり劣悪な環境におかれていたせいか、両サイドが赤茶けて、本当に古本という感じがでて、味があります。

そもそもこの書籍を知ったのは、社内の『部下が自ら動き出すリーダーシップ研修』という「キャッチー」な名前の研修で配布された資料に引用されていたので是非読んでみよう思った次第です。この研修は、社内の研修なのに5000円を徴収するというシステム。今まで有料のシステムがなかっただけに、思い切った施策と関心しました。従来のようにやらせ感をもって参加しているメンバーは少なかったようです。

さて、この書籍には、160頁弱の短編ですが、大変役に立つことが記載されていました。部下をもつ方のみならず、広く普遍的に使えるフレーズが数多く載っています。

まず、その法則を記載しておきます。「○○しよう」というフレーズが能動的でとても気に入りました。
法則1:親密さから始めよう
法則2:相手にあったアプローチをしよう
法則3:徹底的に聞こう
法則4:相手の中から答えを引き出そう
法則5:言葉を行動に変えよう
法則6:イメージを具体的な絵に描こう
法則7:効果的な目標を設定しよう
法則8:相手の可能性に火をつけよう
法則9:相手の行動を見守ろう
法則10:成果を認めあおう

この本を読んで思ったことは、リスニングも一つのスキルで、学ぶ気持ちさえあれば、かなり上達することができるということ。今までは、自分のくせみたいなものはなかなか直らないと半ばあきらめかけていましたが、独自のテクニックがあると知ってうれしくなりました。今日から、スキル取得に励みます。ペーシングや接続詞の使い方は、普段、私にはできていない内容だったのでぜひ実践したいところです。

「人を動かす10の法則」(1999)  伊藤 守  ディスカバー21

人を動かす10の法則

【2005/05/29 07:03】 | 組織行動
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。