様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉総理が退陣し、新たに安部晋三総理による内閣が編成されました。安部総理の談話で、活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自律の精神を大事にする、世界に開かれた、「美しい国、日本」を目指すと述べています。自ら美しい国づくり内閣とやらの命名していましたが、これらの言葉だけでは、何が美しいのかいまいちよく分かりませんね。心が美しくなることを指しているのでしょうか?美しいという形容詞を辞書で引いてみると、人の心や態度の好ましく理想的であるさまを言うそうです。すると、何を理想とするのかで「美しい」の定義が変わってしまうので、人のとり方で、何とでもいえる言葉になります。イメージ先行のフレーズを使用してるのが気になりますね。今度、安部さんの書籍を読んでみようと思いました。

また、今回の組閣で高市早苗さんが入閣しました。彼女は、奈良県の畝傍高校出身。また、出身大学は神戸大経営学部。同じキャンパスに通っていた人が、内閣入りするとはうれしい限りです。昔、宇野宗佑さんが総理大臣になって、2ヶ月後女性スキャンダルですぐに退陣したときは、とても大学の先輩だと口に出して言いにくかったです。

高市さんも、その昔新進党で公認をとって国会議員になりながら、自民党に鞍替えした方。日和見的行動は気になりますが、切れ味鋭い姉御という感じです。大臣としていい方面で名前を売って欲しいですね。どんな活躍をするのかをウォッチしたいと思います。

【2006/09/28 03:00】 | 政治
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。