様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、事業の撤退が決定されました。私自身もその事業に携わっていたので、残念でなりませんが、これも経営判断なので致し方ありません。今までにも紆余曲折があって、今日まで継続して事業を行って来たのですが、やはり、低価格化の流れに歯止めをかけることができず、且つ新規差別化商品を生み出せなかったのが直接的な要因です。

間接的には、儲かっている事業とそうでない事業との間には微妙な力関係が生じてしまっているのも事実です。やはり、自社が何の事業で飯を食っているのかというが取締役間であり、若輩事業は、結果が出せない限り、原則に則って処理されてしまいます。こんなことは、どんな企業にも存在するものかもしれません。

撤退を決断する勇気は、新たに事業を買収するより勇気がいるのですね。実はこの撤退話は、5年くらい前から出ていましたからね。育てたわが子を見捨てる想いですね。

しかし、結果的には、撤退する勇気を持てたことで、新たに経営資源を集中できることとなり、いい方向に向くと期待しています。

【2006/09/05 07:47】 | 経営戦略
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。