様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も後輩たちに声援を送るべく、明石球場まで駆けつけて応援して来ました。今日は、日曜日の上、天気もよいためか大勢の現役生&OBの方々が球場まで足を運んでおられました。これも歴史のある学校の強みかなと思いました。こんなにOBが多いのかと思うくらいの人数でスタンドがいっぱいでした。

7回裏終了時点まで、2対1と1点差で神港学園をリードしていたのでひょっとしてと思いましたが、8回に同点にされ、9回で勝ち越しされてそのまま逃げ切られやはり夢で終わってしまいました。6対3のスコア以上に僅差の試合でした。スポーツ私学に対して気後れせず、互角以上の勝負ができるようになっていることには感服しました。やれば、できることを見せてもらいました。

ベスト4まで行ってくれたおかげで、高校時代の懐かしいメンバーと出会うことができたり、子供のように夢中になることができたのが幸せでした。後輩たちを見習わなくっちゃ。

心から、よくやったと褒めてあげたいです。こんがり焼けた週末でした。

******************************
1回裏 二死2,3塁で5番高原が左前2点適時打で逆転。5回表 一死1,2塁とするが後続が断たれる。6回裏 神港学園 林に投手交代。 一死から7番西原が2塁打を放つ。7回表 四球と犠打で二死2塁とするが後続が打ち取られる。8回表 敵失と進塁打で二死2塁から7番蒲田が左前適時打を放ち同点。9回表 先頭打者林が2塁打を放つ。1番浅井が犠打安打で無死1,3塁。さらに次打者が四球を選び無死満塁。一死後、4番西川の遊ゴロの間に三塁走者が生還し逆転。続く小林、蒲田の連続中前適時打で突き放す。9回裏 二死2塁から1番花房が2塁打を放ち1点を返す。追撃及ばず加古川東、惜敗。15:48試合終了 試合終了

兵庫県高等学校野球連盟事務局のHPより引用

******************************

【2006/07/30 22:36】 | スポーツ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。