様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のワールドカップで、選手の自主性を重んじるジーコさんのマネジメント方法に限界があるよう言われています。選手自身が持っている能力を最大限を活かし、選手が自ら動き出すには、複数の条件が必要だったということでしょうか。ジーコさんのマネジメントが成功していけば、理想的なのかもしれませんが、それには、選手が個人のレベルで成熟度が高くないと理解できない部分が多いのかもしれませんね。
この種の問題は、どこの企業についても当てはまるような気がしました。つまり、社員の主体性に任せて行っても、必ず成功するものではないと。

高校生に大学生のマネジメントを行っても、成果が上がらないのと同じなのかもしれません。選手のレベルがそれ程高くないときは、強制的な指導がある程度必要なのでしょう。日本のサッカー界は、高校サッカー的なマネジメントが、まだまだ、要求されているのかもしれません。成長するには、ステップがいるということでしょうね。日本のサッカー界が、今後、どういった手を打っていくのかを楽しみに見ていきます。

【2006/06/25 21:09】 | 管理会計
トラックバック(0) |


キャピタリスト
ジーコはプロの監督ではなかったように思います。選手個々を好きにやらせるマネジメントなら誰にでもできるでしょう。
しかし、私が選手であれば好きにやらせてもらう方が楽しいかも。少なくともサラリーマンとしては、勝手にやらせてもらった方が成果が出ると思っておりました。
そんな私にも今日、二人目の部下が入社しました。前の会社の上司は、「部下のマネジメントは天才的だったとのこと」。少々プレッシャーです。
自分がプレヤーだったらどうしてほしいのか?ジーコはその視点でチームをマネジメントしたそうですが、あまりその視点ばかりで考えるのは、よくないことが肌感覚で理解できたワールドカップでした。


新しい視点
Big Voice
キャピタリストさん

コメントありがとうございます。

>前の会社の上司は、「部下のマネジメントは天才的だったとのこと」。少々プレッシャーです。

これは、少し一発カマサレましたね。あまり、比較対象に捉われず、キャピタリストさんの個性を出して行く方が、結果的にうまくいくように思います。ただ、その際に、常に新しい視点を取り入れるようになされば、もっと良いかも。ジーコさんは、自分の選手時代のプレーヤーとしての領域から離れられず、新しい視点が乏しかったのかもしれませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ジーコはプロの監督ではなかったように思います。選手個々を好きにやらせるマネジメントなら誰にでもできるでしょう。
しかし、私が選手であれば好きにやらせてもらう方が楽しいかも。少なくともサラリーマンとしては、勝手にやらせてもらった方が成果が出ると思っておりました。
そんな私にも今日、二人目の部下が入社しました。前の会社の上司は、「部下のマネジメントは天才的だったとのこと」。少々プレッシャーです。
自分がプレヤーだったらどうしてほしいのか?ジーコはその視点でチームをマネジメントしたそうですが、あまりその視点ばかりで考えるのは、よくないことが肌感覚で理解できたワールドカップでした。
2006/06/27(Tue) 01:28 | URL  | キャピタリスト #4GqeiiKE[ 編集]
新しい視点
キャピタリストさん

コメントありがとうございます。

>前の会社の上司は、「部下のマネジメントは天才的だったとのこと」。少々プレッシャーです。

これは、少し一発カマサレましたね。あまり、比較対象に捉われず、キャピタリストさんの個性を出して行く方が、結果的にうまくいくように思います。ただ、その際に、常に新しい視点を取り入れるようになされば、もっと良いかも。ジーコさんは、自分の選手時代のプレーヤーとしての領域から離れられず、新しい視点が乏しかったのかもしれませんね。
2006/06/27(Tue) 08:20 | URL  | Big Voice #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。