様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の日経新聞朝刊をみてるいると大きな社告が掲載されていました。何かと思ってよく記事を読むと日航がストになるかもしれないという社告でした。新町社長の文面にで、ストになる可能性を示唆する内容です。これを見て、読者はどう思ったでしょうか。

少なくとも私は、労働者も経営者も顧客のことを何も考えていないと思いました。今の時代、ストをしないと解決策が見出せないなんて、エリート集団にしては、知恵がなさすぎると思った次第。もっと前向きな解決策が出せないものか?少なくも日本航空は、それまでの内部の不信感がたまっているような気がしました。知能指数の高い技能職との労使交渉は大変難しいかもしれませんが、内輪ネタが外にもれないようにしほしいですね。

安心して飛行機に乗れる日が早く来ることを願いたいものですが、いつの日になるのでしょうかね。内輪もめは、もう勘弁して欲しいです。

【2006/06/21 02:31】 | 経営戦略
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。