様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポロビールは、去年の11月、キッコーマンから焼酎甲類事業を買収しましたが、今回は、福岡の焼酎乙類メーカーを買収しました。これで甲類、乙類とブランドが整いました。この買収した林田商店は、胡麻焼酎で有名な紅乙女酒造のグループ会社。といっても、林田春野さんは紅乙女酒造の女社長です。この林田商店は製造子会社として存在していたようです。所在地を見ると福岡県久留米市田主丸町益生田569-1となっていますが、そこは紅乙女酒造のすぐお隣。製造工場や瓶詰めラインもすぐ近くにあります。将来的には、紅乙女酒造をパックリ吸収してしまう予定でしょうかね。

紅乙女も経営が苦しかったのでしょう。
サッポロビールもM&Aで事業を拡大していこうという姿勢が特に顕著になってきましたね。ビール事業が不振なだけに、焼酎事業に期待したいところ。どんな商品がでてくるのか楽しみです。


【2006/06/15 23:46】 | 経営戦略
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。