様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数日のシンドラーエレベータ社の対応を見てきましたが、この会社は、日本の顧客優位な世界を理解していませんね。

まずは、6月6日のお客様への文書では以下の文面を述べていますが、お客様の感情を逆なでする内容となっています。特に、末尾の文章は、全く反対の現象が出ているだけに、納得いきませんね。
////////////////////////
捜査による詳細が出るまで、事故に関するコメントは差し控えさせていただきます。しかしながら、2006年6月6日時点では、この事故がエレベーターの設計や設備によるものではない事を確信している旨を述べさせていただきたいと思います。

シンドラーエレベータ株式会社は日本エレベータ協会の一員であり、お客様のエレベーター設備においても同協会の基準に基づいて設計されております。エレベーターの設計は、最高水準の安全を確保するために定められております、国の規定や基準に基づき厳しい検査が行われます。

エレベーター設備の稼働時の長期にわたる安全は、シンドラーの資格を有する技術者による保守によって保障されています。技術者はお客様の安全を最大の関心事とし、確かな業界の基準に基づき定期点検及び安全点検を行っております。

////////////////////////

2回目のコメントでも以下の内容の文面を伝えています。
高い安全基準なら、なぜ事故が起こるのかといいたくなりますね。
////////////////////////
エレベーターでは世界第2位の現地法人であるシンドラーエレベータ株式会社は、我々の製品及び保守が高い安全基準を満たしていると自負しています。////////////////////////



3回目でも以下の文面。なんと懲りない人達なのでしょうか?こんな応対をしているとケン・スミス社長も退陣間近ですね。いかに日本市場を理解していないかを露呈しているだけですね。
////////////////////////
シンドラーはエレベータ業界で世界第2位であり、世界100カ国以上で製品を販売しております。世界で、シンドラーの製品を毎日7億5000万人の方が利用されています。シンドラーの製品が業界の高い基準にて設計されています。////////////////////////

【2006/06/09 23:11】 | 経営戦略
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。