様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は、自動車普通免許の更新の手続きを行ってきました。ゴールド免許コースなので、1時間程度で終わりました。混んでいるのが嫌だったので、平日に手続きをしようと思ったのですが、結構人がいました。日曜日も更新受付をしているそうですが、その場合は、もっと時間が掛かるそうです。ゴールド免許を継続できると、保険料も安くなるし、更新までの期間が5年間と長いのがメリットです。

その1時間講習で聞いた話で気になったことが2点。
一つは、交通事故の発生件数についてです。日本全国の平成17年の交通事故の発生件数(人身事故のみ)は、933千件と前年に比べて19千件減少しているようです。これはいいことなのですが、運転免許人口が1,566千人(平成17年)であることを考えると、かなり多い件数ですね。約6割の人は1年間の内に人身事故を起こしている計算になります。実際には、1人で何回も事故を起こしている人がいるので一概には言えませんが、この数字、多いと思いませんか?私は、この発生率計算をしてぞっとしました。5年間無事故の人がいる確率は、
(1-933,000/1,566,000)^5=0.0107以下
となります。違反者はもっといるはずなので、ゴールド免許保持者100人に1人いるかいないかのかなり発生確率の低いところに入っていることになります。自分は、2回連続のゴールド免許なので、10,000人に1人の優秀なドライバーの領域にいることが判りました。そういえば、結婚してから、事故や違反で検挙されたことがないなと思いました。いつもは、気に留めることが少なかったのですが、仕事柄、数字を扱う機会が多いので、すぐに比率計算を行ってしまいました。

もう一つは、駐車違反についてです。来月の6月1日から道路交通法が改正されて、厳しくなるようです。駐車違反の取締りを民間が行えるようになるそうです。小泉首相の仰る「民間にできることは民間に」というメッセージがこんなところにも現れているんだなと思いました。また、反則金を納めない人が多いせいか、今度の改正法では、納付しないと車検が受けられないという仕組みになっているようです。なかなか考えましたね。頭のいい役人が考えた仕組みだと思いました。しかし、大阪のおばちゃんとかは、食い下がってきそうなので、委託された民間の人もてこずるでしょうね。経験のある天下り社員でないと難しいかも。

【2006/05/25 22:38】 | 気付き
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。