様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は久々に大学院生のゼミ同窓会。大学院も卒業後2年が経過すると、仲間の人生が変わっていました。Drコースに進学したもの、会社を辞めてコンサルティングファームに就職しているもの、海外の大学にいって弁護士資格を持ったもの、出向から本体に戻って活躍している人、経営企画に抜擢された人など、様々。自分の人生設計を切り開いているという感じですね。人生の節目をいつと見るか、常に考え続けていなければいけないことを痛感しました。いつまでも若いと思っているとチャンスも逃すかもしれないように思いました。

中でも驚いたのが、我々の仲間から、社長が出そうなことです。MBAだから社長がでても当然なのかもしれませんが、身近なところから現れると本当にうれしいですね。まるで身内のように喜んでしまいました。

一方自分は、どんな人生の牌を選んでいたかと考えると、配牌の流れのままに任せているように感じてしまいました。自分はこう生きたいという想いが足りないのかもしれませんね。
仲間の変化に刺激を受けた日でした。こういった仲間がいることが私にとっての財産かもしれません。


【2006/05/20 01:46】 | 仲間
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。