様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、野球ファンにとってとってもめでたい日となりましたね。オリンピックでも金メダルはなかったですが、初めて野球で世界一になったわけですから、喜びも倍増しますね。本日も出勤していたためライブで見れなかったのが残念でしたが、仕事中も気になって、HPの更新ボタンばかり押していました。

一度は、負けを覚悟した勝負で、半分拾ったような世界一。その日本に2勝もした韓国は、さぞ悔しいだろうね。そう思って、韓国の新聞社のサイトを覗いてみました。すると、論調は、大会規定がおかしいとか、気の抜けたビールとか、ひどい書き方です。もっと真摯に受け止めることが出来ないのでしょうかね。イ・スンヨプが、打点1位だとか、日本を賞賛する記事はほとんどありません。確かに、韓国に2敗して、世界一なんて、ルールがおかしいといわれて仕方がないようにも思いますね。

このような国際戦がもっと頻繁にあると、サッカーに奪われかけた人気を取り戻すことができるかもしれませんね。それにしても、今回は、参加したメンバーに巨人の選手がほとんどいなかったのが勝因ではないかと個人的には思ってしまいました。

【2006/03/21 23:21】 | スポーツ
トラックバック(0) |

薄氷
げげげ
最近、スポーツがおもしろいですね。日本メダルゼロの危機の中での荒川静香の金メダルや、王JAPANの2次リーグ敗退濃厚からの復活と優勝など、なぜか薄氷の勝利にカタルシスを感じる今日この頃です。春分の日が過ぎて湖の氷が薄くなってきました。相変わらず、お忙しいようですが、気候の変わり目、お風邪などひかれませんよう。


久々のコメント感謝いたします
Big Voice
映画でもそうですが、スリリングなプロセスがあると興奮しますよね。そして最終のフィナーレが吉となれば、この上無しです。薄氷の勝利に気持ちがこもるのは、このプロセスに原因があるのでしょうね。いとも簡単に勝ってしまうと、勝利の喜びも半減といったところでしょうか。
事業の成長も、変化があって初めて、成長した時の喜びがあるのかもしれません。ギリギリのところで勝つところには、それなりの苦労の過程と、精神的な強さが不可欠だからと解釈いたしました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
薄氷
最近、スポーツがおもしろいですね。日本メダルゼロの危機の中での荒川静香の金メダルや、王JAPANの2次リーグ敗退濃厚からの復活と優勝など、なぜか薄氷の勝利にカタルシスを感じる今日この頃です。春分の日が過ぎて湖の氷が薄くなってきました。相変わらず、お忙しいようですが、気候の変わり目、お風邪などひかれませんよう。
2006/03/23(Thu) 00:29 | URL  | げげげ #-[ 編集]
久々のコメント感謝いたします
映画でもそうですが、スリリングなプロセスがあると興奮しますよね。そして最終のフィナーレが吉となれば、この上無しです。薄氷の勝利に気持ちがこもるのは、このプロセスに原因があるのでしょうね。いとも簡単に勝ってしまうと、勝利の喜びも半減といったところでしょうか。
事業の成長も、変化があって初めて、成長した時の喜びがあるのかもしれません。ギリギリのところで勝つところには、それなりの苦労の過程と、精神的な強さが不可欠だからと解釈いたしました。
2006/03/23(Thu) 01:12 | URL  | Big Voice #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。