様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予算編成の峠を過ぎて、明日を過ぎれば、やっと人間的な生活に戻れます。食事や睡眠の乱れた生活を送っていると何か体調異変が起こってきますね。毎年、この時期になれば顔に吹き出物が多くなります。

それはさておき、ここで、提出期限に間に合わなかったことを反省して、来年に向けての課題を考えたいと思います。そもそも予算とは、ある一定の前提条件に基づいて作成されるものです。その条件とは、時間の経過とともに、刻々と変化していきます。どの条件で作成するのが良いかは、各企業が属する業界特性にもよると思うのですが、なかな決め難いものです。大勢の人間が作成プロセスにかかわり、細かい情報を元にデータを作成しようとすると、1つのアウトプットに1ヶ月以上かってしまうこともあります。そうすると、作成前提条件が提出時には、全く別の環境になってしまうこともあります。

予算は、未来予測であり、不確実な状況で作成されるもの。したがって、あらゆるところに矛盾を抱えています。私が考える結論は、どこかで決め打ちするしかないということ。ある一定以上のところは追わないことにしないことです。そうしないと、いつまでもまっていてもいたちごっこで止め処なく作業が続きます。

私も、この作業に関わって4年目。今まで1回も提出期限に間に合ったこと無し。それもこの作業をしている間は、毎年、人間的な暮らしはできていません。その原因は、自分のスキルが足りないためであり、工夫をすれば、何とか間に合うと思って、毎年改善を繰り返して、システムを構築したり、インプット情報を変えたり、事前準備をするものを増やしたりしてきました。4年目の今年は、かなり工夫を加えたのにもかかわらず、提出期限に間に合わなかったのです。悔しくてたまりませんが、事実は否定できません。ということは何か他にも問題があると考えました。その問題点を5つにまとめてみました。

①自分のスキルの上達スピードが遅い
②そもそも、作成スケジュールに無理がある
③必要とされる要求水準が毎年細かくなってくる
④部下の指導力が足りない
⑤作成する作業ボリュームが理解されていない

このほかにもいろんな理由がありますが、結果的には、自分の努力目標でスケジュールを決めてはいけないというのが、今回の大きな反省点であると考えました。今回の結果を踏まえて、もっと事前の打ち合わせをして、プロセスを改善をしていきたいものです。

もう眠たくなってきました。明日で打ち止めにしたいのでもう最後まで気を抜かずがんばりたいです。

【2006/01/28 02:01】 | 管理会計
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。