様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下が、きっちり管理業務を出来ない場合はどうしたら良いのか?課長クラス、部長クラス、夫々のマネジメント方法があるかと思います。部下の人数にもよるのかもしれませんが、本来あるべき姿としては、後継者に任せていくということが、基本です。ところが、お金にまつわる案件については、はやり、自分の目で確認することが重要であると思っています。任せっぱなしは絶対駄目。あとで、痛い目にあう可能性が高いです。普段からの肌感覚、特に単価、頻度、数量の大まかな目安を頭にインプットしておくことが一番。それが頭に入っていないのなら、前年実績、当年予算、当年進捗率、増加率を添えて、比較するのが一番ですね。増減要因を経営現象で説明できるかどうかを考えるとよいでしょう。1年間を12等分するのも一つの手です。こういったところから疑問をぶつけて、質問が帰ってこなければ、怪しいと思うのも確認方法の一つです。

もちろん、現地現物で確認できれば一番よいですが、データで見るテクニックがあると説得力があるものです。特に著しく、変化の激しい項目を見つけ出すことが常に必要ですね。そういったことを発見するためにも、グラフなどに可視化することも大切です。

【2006/01/21 00:48】 | 管理会計
トラックバック(0) |


インリン
予算で困っていてるときにこのブログに出会いました。
先を見越して段取りができると良いのでしょうけど、新たな職場では、先の見えない恐怖と戦っていくことになります。
はじめからそんなにうまくはいかないですよね。。。。
あと1週間ほどは忙しく過ごすことになりそうです。

私の部下は新入社員です。スキルを高めるなんて次元にはほど遠くて、会話の仕方・文章の書き方から、ムチで叩いて指導しています。
会話や文章が、小学生の日記みたいで、論理的展開がないんです。
こういうのって、最初からできる子もいますが、できない子はなかなか直らないものですよね。
まあ、調教しがいがあると考えるようにします。
すみません、愚痴っぽくなっちゃって。
良い仕事仲間に恵まれている管理人さんがうらやましいです。



Big Voice
インリンさま

初めてのコメント感謝します。同じく予算に悩むメンバーとして共感していただき光栄です。
>スキルを高めるなんて次元にはほど遠くて、会話の仕方・文章の書き方から、ムチで叩いて指導しています。
まずは、共感させることが大切なのではないでしょうか?指示を受ける人の性格によりますが、私の場合は、徹底的なスパルタ方式をとっています。ただ、前向きな思考パターンをとれるように、自分の態度に気をつけてます。自分が、逃げたら、部下も逃げると思うので、絶対に人のせいにしないというポリシーで指導しています。1回目のミスは、私の責任といって本人には伝えていますが、2回目以降は、あたなの責任といって、二度と発生しないような動機付けをしています。説明する時でも、1回しか言わないからよく聞いておくようにと前置きして、指示するようにしています。細かいことの指導は、意外と重要ですね。そんなところに会話が生まれて、コミュニケーションが促進するのかもね。言葉と態度が管理職に求められるスキルの一つであると思っています。

>良い仕事仲間に恵まれている管理人さんがうらやましいです。
良い仲間になるか、手ごわい部下になるかは自分の腕次第のところもあります。教育も仕事の一つですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
予算で困っていてるときにこのブログに出会いました。
先を見越して段取りができると良いのでしょうけど、新たな職場では、先の見えない恐怖と戦っていくことになります。
はじめからそんなにうまくはいかないですよね。。。。
あと1週間ほどは忙しく過ごすことになりそうです。

私の部下は新入社員です。スキルを高めるなんて次元にはほど遠くて、会話の仕方・文章の書き方から、ムチで叩いて指導しています。
会話や文章が、小学生の日記みたいで、論理的展開がないんです。
こういうのって、最初からできる子もいますが、できない子はなかなか直らないものですよね。
まあ、調教しがいがあると考えるようにします。
すみません、愚痴っぽくなっちゃって。
良い仕事仲間に恵まれている管理人さんがうらやましいです。
2006/01/21(Sat) 10:50 | URL  | インリン #-[ 編集]
インリンさま

初めてのコメント感謝します。同じく予算に悩むメンバーとして共感していただき光栄です。
>スキルを高めるなんて次元にはほど遠くて、会話の仕方・文章の書き方から、ムチで叩いて指導しています。
まずは、共感させることが大切なのではないでしょうか?指示を受ける人の性格によりますが、私の場合は、徹底的なスパルタ方式をとっています。ただ、前向きな思考パターンをとれるように、自分の態度に気をつけてます。自分が、逃げたら、部下も逃げると思うので、絶対に人のせいにしないというポリシーで指導しています。1回目のミスは、私の責任といって本人には伝えていますが、2回目以降は、あたなの責任といって、二度と発生しないような動機付けをしています。説明する時でも、1回しか言わないからよく聞いておくようにと前置きして、指示するようにしています。細かいことの指導は、意外と重要ですね。そんなところに会話が生まれて、コミュニケーションが促進するのかもね。言葉と態度が管理職に求められるスキルの一つであると思っています。

>良い仕事仲間に恵まれている管理人さんがうらやましいです。
良い仲間になるか、手ごわい部下になるかは自分の腕次第のところもあります。教育も仕事の一つですね。
2006/01/22(Sun) 01:48 | URL  | Big Voice #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。