様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月調査に回答した結果が正月に届いていたので、本日、昨年度の初回の調査結果と比較しながら分析結果を見ました。一言で言えば、「あなたのこころは健康です」という診断でした。自分では悩み事も多いのにと思っていても、客観的な定量調査では、そのように解析されてしまうんですね。日頃の行いやものの考え方が理想に近いなんて、思ってもみないコメントがついていました。

昨年と同じ傾向だったのが、チャレンジャブルな仕事への欲求が高いところ。他の項目に比べて著しく大きかったです。2年連続同じ傾向があるということは、本当に私は、そのような傾向があるのか、この調査がそのような結果が出る仕組みなのか、どちらかと思ってしまいます。いずれにしても、心の病の傾向がないというだけでも安心しました。

ただ、コメントの中に参考となる一口メモがありました。私にとって、耳の痛いコメントでありますが、真摯に受け止めて活かしたいですね。
******************
あなたの部下について、是非一度振り返っていただきたいことがあります。自分であれば過去の経験を活かしてなんとか出来てしまうと思える仕事でも、経験の少ない部下にとっては、やり甲斐や意欲よりも不安やプレッシャーが勝ってしまい、思うような結果が伴わず過重なストレスを被ってしまうことがあります。仕事の成果を重視することは言うまでもありませんが、一人一人の部下の成熟度や能力を踏まえた上で、仕事の面白さや働き甲斐を伝えながらきめ細かい指導育成を通じて、結果だけでなくプロセスにも関わるように心がけたいものです。
******************
部下の成熟度と能力を踏まえた指導というのは、頭では分かっていても実は難しいですね。動機付けさせることは特にです。常に、1ランクの上の視線で物事を見るように指導はしているものの、つい、これくらいのこともできないのかという論調になってしまい、いつもプレッシャーをかけているように思います。普段からのコミュニケーションを大切にして、誤解のないように努めたいと改めて思いました。

【2006/01/07 20:00】 | 組織行動
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。