様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と人との物理的な距離は、心理的な影響を受けているのだそうです。恋人の同士の距離、友人との距離、とお客さんとの距離、あかの他人との距離には、微妙に差があるとのこと。
アメリカの文化人類学者であるエドワード・ホールは、人間における習慣が「密接距離」「個体距離」「社会距離」「公衆距離」の4段階によって構成されているのではないかと考えたようです。
密接距離」は極めて親しい者同士の距離で夫婦や恋人の距離です。男女が二人でいる場合、45センチ以内に入れば、まんざらでない関係にある確率が高いそうです。
個体距離」は、相手に触れるのにどちらか一方が片手を伸ばせばいい距離から、双方が手を伸ばして届く距離のこと。数値でいうと、45センチから120センチ。友人同士の距離がこれにあたる。
社会距離120センチから360センチ。仕事上の付き合いの距離です。応接室のソファーは、相手とこれくらいの距離があると落ち着くのだそうだ。
公衆距離」は360センチ以上。この距離にあるとほとんど無関係と考えてよい。

45、120、360という3つの数値で心理的距離が測れるなんて便利ですね。竹内一郎さんによると、演劇の世界では、この距離をスムーズに変化させていくことで見事な役作りができるのだそうです。

ビジネスでは、適切な距離が必要で、相手に近づきすぎないことが重要ですよね。エドワードの説でみると、120~360センチ。決して、120センチ以下に入らないことが、適切な関係を保てるのかもしれません。恐らく談合をしている担当者同士は、120センチ以下の範囲いるのかもと想像してしまいました。反対に祇園や新地のママは、45センチの距離をビジネスに活かしているのでしょうね。

この3つの数字は、覚えておくと便利ですね。

【2005/12/11 18:13】 | 組織行動
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。