様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話の途中で、話が途切れて困ったことはありませんか?私は、この沈黙がどうしても耐えられてないタイプの人間で、すぐに自分からしゃべりだしてしまうんですね。沈黙がやってくるとすごく心が不安になるんです。この話を友人にするとその方は、驚いたことにこの沈黙をいつも活用しているとのこと。つまり、自分は分かっていても、あえて5秒くらい間をおいてからしゃべりだし、相手の述べている内容をリピートして確認するそうです。すれば、反論するケースが少ないとのこと。
もう一人の友人は、演奏が乱れた時は、休符をうまく使うと元に戻り、そこが指揮者の腕であるという話をされました。また。井上陽水の音楽は、休符のタイミングがうまいという話も。。いづれの話も、一呼吸入れて待つということの大切さを議論できました。

神戸大学の加護野先生も、プレゼンテーションをする時には、この沈黙を使うそうだ。特にスピーカーは、自分がしゃべっていないと不安に駆られるものだそうですが、沈黙を挟んで、相手に考えさせる時間を持つようにする。すると、一方的に話をしているよりも、参加型の講義になるとのこと。これは、加護野先生が、金井先生に伝授したプレゼンテーションスキル向上の極意の一つだそうです。

このことを実行するには、
①相手の話を聞くこと
②沈黙を我慢すること
③相手が使っている言葉を使って確認すること

この3つの行動を実行しないといけませんね。今度、沈黙を我慢することにチャレンジしてみようーっと。

【2005/11/17 23:50】 | 組織行動
トラックバック(0) |

やってみようと思います
すぎた
こんにちは。
なるほど、加護野先生の話術のヒミツはそこにもあったのですね。
今度試してみようと思います。

リーダーシップ入門
BIig Voice
こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
沈黙は、はやる気持ちを抑える我慢が必要ですね。そこを意識してこらえる訓練に意味があるかもしれません。

タイトルに示した書籍には、上で述べた内容にもふれています。
お奨めの一冊です。
金井壽宏(2005)「リーダシップ入門」日経文庫 ¥1000
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453211053X/qid=1132367030/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-7108774-8420300


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
やってみようと思います
こんにちは。
なるほど、加護野先生の話術のヒミツはそこにもあったのですね。
今度試してみようと思います。
2005/11/19(Sat) 09:27 | URL  | すぎた #0/0jGrq.[ 編集]
リーダーシップ入門
こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
沈黙は、はやる気持ちを抑える我慢が必要ですね。そこを意識してこらえる訓練に意味があるかもしれません。

タイトルに示した書籍には、上で述べた内容にもふれています。
お奨めの一冊です。
金井壽宏(2005)「リーダシップ入門」日経文庫 ¥1000
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453211053X/qid=1132367030/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-7108774-8420300
2005/11/19(Sat) 11:30 | URL  | BIig Voice #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。