様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は、リーダーシップという言葉を学生時代から使っていたが、その意味が本当にわかり出したのはここ4~5年の間です。特に大学院で、金井先生の授業を受けてから、意味がわかり始めたと思っています。それまでは、いかに上辺だけだったか、いや何も分かっていなかったかもしれない。
金井先生はリーダーシップを身に付けたいと思ったら、以下の4点を指摘していたのを思い出しました。
①自分がリーダーシップを直接経験すること
②すごいリーダーだと思える人といっしょに仕事をして、その人の言動を観察すること
③それらの経験と観察から教訓を言語化し、自分なりの持論を構築すること
④学者の理論や優れた実践化の持論は、鑑賞するように読むのではなく、自分の持論を創出し、肉付けするために活用すること

の4点について机上では、ああそうかと納得できるのですが、具体的にどう考えればいいのか、これは意外と難しいですね。持論を構築していくには、それなりのプロセスを経ることが必要だからです。

最近、部下にアドバイスするときも、適切な言葉が浮かばなかったり、同じフレーズばかり言っているのは、自分なりに消化できていない証拠ですね。まだまだ、勉強が足りません。自分が大切にしている概念を書き出して活用すことでいい助言ができれば、もっと素晴らしいですね。このブログもそんな一助になればと思っています。

【2005/11/12 18:49】 | 組織行動
トラックバック(0) |


宣伝.com
アクセスアップを目的としたHP宣伝サイトを作りました。よろしければ御使用下さい。

HP宣伝スペースの他、
 ・アクセスアップに最低限必要なこと 
 ・ASP一括登録・アフィリエイト収入報告例 
 ・Page Rank別 ランキングサイト集  
 ・Page Rank別 アクセスアップ系相互リンクサイト集 
なども紹介しております。

宣伝.com
http://31043.ojaru.jp/

RE:リーダーシップを身に付ける方法
コンポ
>>持論を構築していくには、それなりのプロセスを経ることが必要だからです。
私も、同感ですね。 なぜなら、ともするとリーダーの言動をそのまま取り入れてしまう懸念があるからです。所謂、物まねです。
自分のこうしたいという行動欲求に、スパイスとして取り入れ実践した後、取り入れた方が身についた持論にできます。

>>部下に対するアドバイスに適切なる言葉が浮かばない・・・・

昔、こんなことが有りました。 リーダーがプレイ-ングマネジャーとして共に同行し、相手先に良い具合に話が説得でき、
契約になった時、または社内での幹部に対する姿勢や言動その一部始終が、私にとって、その後の仕事に対する姿勢や考え方の肥やしになっています。 持論ですが?、アドバイスは実践から出てきます。 つまり、学問的な理論は基本ですが、
実践では、時々の諸般の事情により、理論の反対側から対応し成功することだってあるという事実。このことを経験しているリーダーが説得性があったと思います。 それと、部下の力を認めながら、アドバイスを行わないと最近の若者は、聞く耳が無いようです。

実践は大切
Big Voice
コンポさま

コメントありがとうございます。実践から導きだされる指摘って大きな力になりますね。
>自分のこうしたいという行動欲求に、スパイスとして取り入れ実践した後、取り入れた方が身についた持論にできます。
スパイスを持つためには、批判的にかつ前向きに改善していく意欲が必要なんでしょうね。前のものを是としてしまうのではなく、それをもっと良くしていこうとする意欲がないと、この種の持論は形成されないと思っています。

>実践では、時々の諸般の事情により、理論の反対側から対応し成功することだってあるという事実。このことを経験しているリーダーが説得性があったと思います。
そうですね。理論どおりにうまくいかない理論を導き出せたら、もっと説得力がますのでしょうね。恐らくその時には、人間の特性を理解することが必要なのかもしれません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アクセスアップを目的としたHP宣伝サイトを作りました。よろしければ御使用下さい。

HP宣伝スペースの他、
 ・アクセスアップに最低限必要なこと 
 ・ASP一括登録・アフィリエイト収入報告例 
 ・Page Rank別 ランキングサイト集  
 ・Page Rank別 アクセスアップ系相互リンクサイト集 
なども紹介しております。

宣伝.com
http://31043.ojaru.jp/
2005/11/12(Sat) 18:53 | URL  | 宣伝.com #-[ 編集]
RE:リーダーシップを身に付ける方法
>>持論を構築していくには、それなりのプロセスを経ることが必要だからです。
私も、同感ですね。 なぜなら、ともするとリーダーの言動をそのまま取り入れてしまう懸念があるからです。所謂、物まねです。
自分のこうしたいという行動欲求に、スパイスとして取り入れ実践した後、取り入れた方が身についた持論にできます。

>>部下に対するアドバイスに適切なる言葉が浮かばない・・・・

昔、こんなことが有りました。 リーダーがプレイ-ングマネジャーとして共に同行し、相手先に良い具合に話が説得でき、
契約になった時、または社内での幹部に対する姿勢や言動その一部始終が、私にとって、その後の仕事に対する姿勢や考え方の肥やしになっています。 持論ですが?、アドバイスは実践から出てきます。 つまり、学問的な理論は基本ですが、
実践では、時々の諸般の事情により、理論の反対側から対応し成功することだってあるという事実。このことを経験しているリーダーが説得性があったと思います。 それと、部下の力を認めながら、アドバイスを行わないと最近の若者は、聞く耳が無いようです。
2005/11/14(Mon) 09:16 | URL  | コンポ #-[ 編集]
実践は大切
コンポさま

コメントありがとうございます。実践から導きだされる指摘って大きな力になりますね。
>自分のこうしたいという行動欲求に、スパイスとして取り入れ実践した後、取り入れた方が身についた持論にできます。
スパイスを持つためには、批判的にかつ前向きに改善していく意欲が必要なんでしょうね。前のものを是としてしまうのではなく、それをもっと良くしていこうとする意欲がないと、この種の持論は形成されないと思っています。

>実践では、時々の諸般の事情により、理論の反対側から対応し成功することだってあるという事実。このことを経験しているリーダーが説得性があったと思います。
そうですね。理論どおりにうまくいかない理論を導き出せたら、もっと説得力がますのでしょうね。恐らくその時には、人間の特性を理解することが必要なのかもしれません。
2005/11/14(Mon) 23:19 | URL  | Big Voice #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。