様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャルメラでおなじみの明星食品が前期減益増配なったのは、実は村上ファンドの影響のようだ。村上ファンドは、含み資産を多く持って、株価が割安な会社の株を取得し、株主価値を主張して増配を迫る手口。同じような形で狙われたのが、住友倉庫、阪神電鉄。
 明星食品の場合、村上氏は、永野社長と会い、「株主利益をもっと大事にしろ。資本、資産の効率化を図れ、と。株式の持合をやめろとか、原宿に近い一等地で商売している必要ないんだからビルを売れとか。外食事業は関係ないから飲食事業の子会社を切り離せとか」いろいろ言ってきた。これに対して、明星食品は、増配するという対策を採らざるを得なかったようだ。結局明星食品は剰余金の一部を増配という形で掻っ攫われて、売りぬかれ、骨抜きにされたようだ。
 普段から株主価値とは何かを考えておかないと、村上氏のような大金持ちに株を取得されるて、あたふたしてしまうのでしょう。危機意識をもった経営が求められているいい教訓かもしれませんね。

【2005/11/09 23:01】 | 未分類
トラックバック(2) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
↑拙作です↑1. TBS:楽天と村上ファンドが株買占め?13:村上ファンドがTBS株を大量売却・再買収、TBS減収減益時事通信から:村上ファンド、TBS株保有0.52%に低下=10月末時点 村上世彰氏の率いる投資ファンド(通称・村上ファンド)が15日、関東財務局に提出した大...
2005/11/16(Wed) 18:27:13 |  メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
784百万円(2006年3月末現在) |売上高
2007/09/29(Sat) 17:26:56 |  大阪企業
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。