様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発泡酒の需要が減少し、第3のビールに変わっていることで酒税の税収が、減少している。9月の税収は前年より13%落ち込んでいる。税制改革の見直しの中で、酒税も取り沙汰されるだろう。酒類製造メーカーにとっては、大きな原価アップになるため、影響は大きい。

一方、酒税というのは、税金を納めているだけあって、いろんな規制が盛り込まれている。例えば、免許。この免許がなければ、製造もできないし、販売もできない。この免許制度があるために、外部進入しにくくなっている。また、未成年飲酒に対する規制も厳しい。先日、インターネットで酒類を売るには、どんな規制があるのか調べていると以下の要件があった。例えば、地酒のような限定品でないといけないとか、課税移出数量が1000kl未満でないといけないとか、様々な縛りがある。この要件を満たしているインターネット販売しているニッチな企業がかなり現れている。もっと研究の余地がありそうだ。



【2005/11/01 22:33】 | マーケティング
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。