様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 味の素が、10月23日に「アミノバイタル」プロ、「アミノバイタル」2200mg、「牛乳といっしょにとるアミノ酸」体力(抹茶味)、「牛乳といっしょにとるアミノ酸」体力(コーヒー風味)の商品回収を発表しました。甘味料として使っているアセスルファムカリウムが、食品衛生法の基準を約1.3~6.6倍上回って配合されていたためのようです。
 なぜ、味の素のような一流ブランドの会社が、配合を間違えるのか?少し考えてみました。
担当者が、間抜けで仕様をチェックする部門も間抜けぞろいだった。これは、味の素の企業の大きさを考えると非常に考えにくい。そうすると、なぜ、配合間違いが起こるのか?
 例えば、パッケージのリニューアルなど、マイナーチェンジを行ったときに、対象法令が変更となっていることに気が付かなかった。実際に使用基準は、平成16年に変更になっております。これを知らなかった担当者が誤って設計したなどが考えられます。
 或いは、粉末状態の高濃度商品摂取時の濃度の解釈を誤り、溶媒となる牛乳や水を含む状態で、摂取濃度を設計してしまった。これは、希釈されたペット飲料やゼリードリンクが回収対象になっていないことからも可能性が考えられます。
 恐らく、誤って、1回の使用量を過剰に摂取した顧客からのクレームが保険所などのお役所に持ち込まれ、流通企業へ原因の説明に追い込まれた。などが予測されます。
 オリンピック選手に支給される製品だっただけに、非常に痛手ですね。商品ブランドがかなり傷ついたと思います。こんなことで期待の商品が回収となってしまうことは製品設計部門として恥ずかしいと思いますね。
スポンサーサイト

【2009/10/27 22:05】 | 品質
|

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
 昨日から公開となった「沈まぬ太陽」を見てきました。山崎豊子さん原作の映画で、途中で10分間の休憩が入るほど超ロングな作品でした。恩地元役は渡辺謙さん、行天四郎役は三浦友和さんなど、豪華キャストで構成されていました。この映画のテーマは、労働組合、ジャンボ機墜落事故、政治と企業、生命の尊さかな。夫々の役者が見事な演技を見せ、素晴らしい内容でした。特に、きれいな役では定評があった三浦友和が汚れた役を見事にこなしている点がよかったと思います。

山崎豊子さん原作の映画やドラマに出演する俳優は、複数の作品に出演しているのですね。「白い巨塔」や「不毛地帯」の唐沢寿明さん。今回の沈まぬ太陽でも、「大地の子」で主演した上川隆也さんが、最後の2分くらいだけ出てくるあたりが憎らしかったです。また、華麗なる一族で、万俵大介の愛人役をした鈴木京香さんが、恩地の妻役を演じても違和感ないあたりがさすが役者といわざるを得ません。俳優さんにとって、この映画に出演することが名誉なことなように感じました。

私の気に入ったの場面は、恩地の娘が結婚の話で先方の両親と対面するシーン。鈴木京香のセリフと手を差し出す演技に感動してしまいました。

ただ、この映画の気になるところは、2点あります。
1点目は、国民航空と称する飛行機会社が、日本航空に酷似する内容となっていることが許されるのか?それは、原作でも同じですが、御巣鷹山まで出てきては、どう見ても日本航空としか読み取れない。JALの社員が見ると屈辱的な内容となっています。それほど、ジャンボ機墜落事故が大事件だったということかもしれませんね。
2点目は、恩地元のモデルとなった小倉寛太郎さんは、御巣鷹山のお客様係を担当していない。労働者側を美化した内容とも受け取れるところも気になりました。

これらの気になる点はありますが、フィクション映画として受け止めることはできると思います。


【2009/10/25 11:08】 | 余暇
|
 このたび、山崎豊子さん原作の「不毛地帯」がフジ系列で今週からドラマ化されるに伴い、先行して、原作を購入。第1巻を読み始めました。この長編小説は、全部で5巻あり、テーマが戦争、シベリア捕虜、商社事業。これらを見事に表現しています。この小説のモデルとされている方は、元伊藤忠商事会長の「瀬島龍三」さん。彼はエリート軍人で、1945年7月1日、関東軍参謀に任命され、満州へ赴任。同年8月15日の日本の降伏後、極東ソ連軍との停戦交渉に赴くも、捕虜となってしまいます。その後、瀬島さんはソ連のシベリアへ11年間抑留されることとなってしまう。この間、連合国側から極東国際軍事裁判に証人として出廷することを命じられ、ソ連側証人として出廷した。シベリア抑留から帰還後、1958年に大手商社の伊藤忠商事に入社する。入社3年目の1961年には業務部長に抜擢され、翌年に取締役業務本部長、半年後に常務となり、その後も、1978年には会長に就任しました。
 小説では、この間に発生した苦難を非常にリアルに表現しています。特に、シベリア捕虜生活の悲惨、惨忍さは読んでいて悲壮感漂うものがあります。こんな時代には二度としてはいけないと思ってしまいますね。インターネットで、瀬島龍三さんを検索してみると、いい面、悪い面、評価が分かれているようです。我々は、戦争を知らない世代には、分からない経験がたくさんあるので、是々非々で見ていきます。特に、人、組織を動かすことなど、この方の参謀としての考え方は、現代にも通じることなので、いいところを切り取りたいですね。

「白い巨塔」「華麗なる一族」「大地の子」と山崎豊子さんの小説が、近年ドラマ化されているときには、いつも原作を読んで見比べてしまいます。原作とドラマの違いがあって、なぜそうなったのかを考えてしまいますね。
 今月24日に映画が公開となる「沈まぬ太陽」も山崎豊子さんの力作の一つ。渡辺謙主演なので、どんなふうにできあがっているのかワクワクします。

【2009/10/12 21:44】 | 政治
|
 NHKで仲村トオル主演のドラマにもなった池井戸潤さんが描いた「空飛ぶタイヤ」。春に連続放映された時には、一部しか見れなくてストレスが残ったままだったのですが、講談社から文庫が今年9月に発売され、書店で並んでいるのを見たので、すぐに購入し、改めて原作を読みました。上下巻の2冊で合計約900頁あったのですが、読み出してすぐにストーリーの渦に引き込まれてしまい、あっという間に読み終えてしまいました。
 この物語は、三菱ふそうのリコール隠しを題材にしたものです。横浜でタイヤが外れて、道を歩いていた親子に直撃し、母親が死亡した事故。この痛ましい事故が事件であるとわかったことがきっかけとなって、リコール隠しが次々と明るみになり、三菱ふそうの社内体質が問題視されました。この事件を受けて、結局三菱ふそうは、産業再生法を申請する事態に陥ってしまったんですね。
この事件をモデルとして物語風にアレンジした作品で、まるで、ノンフィクション小説のようにも思えました。
 登場人物の描き方が非常に上手で、個性がよく現れておりました。夫々のシーンにリアリティがあって、さもありなんと感じさせてしまうところがいいですね。巨大組織の中で働く人の夫々の役割に応じた冷徹さと欲望が印象的でした。複数の話が同時に進行し、それが一つの流れに沿っていく。全体の構成もよく考えられていて、ストレスなく読めました。
 組織の中で働く人には、現実的に思い当たることが少なからずあるでしょう。サラリーマンにお勧めの小説です。
 


【2009/10/10 10:10】 | 品質
|
 日本の航空会社は、経営再建中の日本航空(JAL)と全日空(ANA)。なぜ、JALだけが経営危機に直面しているのか。そんな疑問に刈られる人は少なくないでしょう。この疑問に対して、私なりに少し考えてみたのですが、少なからず労働組合が影響しているのではと思います。

 まず、両社は、そもそも経営の成り立ちからして違います。純民間の航空会社であるANAに対して、JALは1951年に半官半民でスタートした航空会社。このため国政による航空路線の開設など不採算な地域への路線確保が強いられてきた反面、政治力を活かして儲かる地域への路線も確保しているはず。廃止路線が具体的に発表されており、これが半官半民の影響というエコノミストもいるが私はそうは思わない。半官半民が影響しているところは路線ではなく、社内の企業風土ではなかろうか。そんなことを思った次第。特に労働組合にその特徴がでていると思います。

 現在、JALに存在する労働組合は以下の8つ。最初に示すJAL労組が御用組合的存在で労使協調路線の一方、後の7つはどちらかといえば、反経営的な存在。特にパイロット系は、機長のみ、副機長と操縦士、機長と副操縦士、航空機関士の組合と4つも存在しています。夫々成り立ちがあって、一つにできない理由があるようなのです。

 これに対して、ANAは、労働組合が2つ。2つでも多いと思うのですが、どう見ても、JALの方が自分たちの社員の待遇のためにエネルギーを殺がざるを得ない状況となっているのは間違いない。こんなにたくさんの労働組合があっては、対顧客より対身内に経営資源がシフトしても仕方のない状況。夫々の組合とうまく労使交渉を行っている総務、人事部門といったところが社内で幅を利かせてそうです。このような部門は顧客から新たな価値をどれだけ生んでいるだろうか?

 各労組のホームページを見ても、顧客を不安にさせる共に、顧客にとって会社が魅力的であるようなメッセージが見られない。そもそも、そんな社内ゴタゴタを顧客がみるWEBサイトに記載すべきでないように感じられた。

 大規模な企業が衰退していく時の特徴は、内向きな仕事が多いことは有名な話。誰しもが気づいていても軌道修正できない社内体質。カルロス・ゴーンのような人を連れてきて経営再建したほうがいいように思いますね。

<日本航空の労働組合>
1.JAL労働組合
 日本航空インターナショナル
 構成員:地上職、整備、客室乗務員
 組合員数:約11,000人(2006年2月現在)

2.日本航空労働組合
 日本航空インターナショナル
 構成員:地上職、整備
 組合員数:約110人(2007年8月現在)
3.日本航空機長組合(注:機長は日本航空規則で「管理職」扱いである)
 日本航空インターナショナル
 構成員:機長
 組合員数:約1,200人(2006年2月現在)
4.日本航空先任航空機関士組合
 日本航空インターナショナル
 構成員:管理職航空機関士
 組合員数:約100人(2006年2月現在)
5.日本航空乗員組合
 日本航空インターナショナル
 構成員:副操縦士、航空機関士
 組合員数:約1,200人(2006年2月現在)
6.日本航空ジャパン労働組合
 日本航空インターナショナル(旧・日本航空ジャパン)
 構成員:地上職、整備、航空機関士
 組合員数:約1,300人(2006年2月現在)
7.日本航空ジャパン乗員組合
 日本航空インターナショナル(旧・日本航空ジャパン)
 構成員:機長、副操縦士
 組合員数:約660人(2006年2月現在)
8.日本航空キャビンクルーユニオン(CCU)(日本航空客室乗員組合と日本航空ジャパンキャビンクルーユニオンが組織統一)
 日本航空インターナショナル(旧・日本航空インターナショナル、日本航空ジャパン)
 構成員:客室乗務員
 組合員数:約2.000人(2007年2月現在)

(上記出典はウィキペディア)

<全日空の労働組合>
1.全日本空輸労働組合
 構成員:地上勤務者と客室乗務員
 組合員数:約8,500名

2.全日空乗員組合
 構成員:機長、副操縦士、航空機関士のうち管理職を除く全員
 組合員数:1,536名(1997年5月9日現在)



【2009/10/03 09:16】 | 経営戦略
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。