様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米系投資ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンドが、サッポロホールディングスに対し、TOB(株式公開買い付け)を実施し、同社株の66・6%(議決権ベース)の取得を目指す友好的な買収提案を行ったようです。

このスティールの動きには、ハラハラさせられます。今回の焦点は、サッポロホールディングス。今は、サッポロの返事待ちとのことですが、目が話せないですね。しかし、サッポロは、本当に1500億円もの大金をはたいて買う価値のある企業だろうか?ふとそんな気がしました。

明日もこの動きに注目したいです。
スポンサーサイト

【2007/02/15 23:40】 | 経営戦略
トラックバック(0) |
この記事には驚きましたね。まさか、優良企業のカゴメアサヒと出資関係をもって提携するなんて、世の中はわかりませんね。ただ、よく考えてみれば、この両社には、共通点がありました。それは、一つのものに粘り強く拘り、製造販売していく姿勢です。アサヒスパードライの1ブランド戦略は有名ですよね。一方、カゴメは、トマトを基点としての技術展開です。両社は一つのものに対して執着心が強い傾向がある企業同士ですね。相性は案外いいかもしれません。

本日発表された提携文書を読むと、かなり幅広い範囲で、提携していくんですね。どのようなプロジェクトが組まれるのかが楽しみです。
キリンのM&Aに触発されたような動きにも受け取ることができます。音沙汰の少ないサントリーはどんなアクションにでるのでしょうか。


【2007/02/07 01:35】 | 経営戦略
トラックバック(0) |
久々に、キャリアについて、見つめなおそうと思い、1冊の書籍を入手しました。それが、高橋俊介さん「スローキャリア」。1999年にスタンフォード大のクランボルツ教授が発表した計画的偶発性理論に影響を受けている作品です。

この書籍によると、スローキャリアとは、

「あらかじめ達成すべき数字や目標があるのではなく、自分のポリシーや価値観に従って、対人関係を含めた仕事のプロセスにのめり込みながら、自分で自分の人生をマネージメントしながら日々生きていき、振り返ったとき結果として後ろにキャリアができている」
ことを指しています。

この「スローキャリア」は「スローフード」という考え方に影響を受けたと言う。経済効率優先型ファーストフードの対極に位置する「スローフード」は、徹底的に食べ物の質とプロセスにこだわる究極のグルメであり、同じように質にこだわる働き方やキャリアがあってもいいじゃないか、という点が「スローキャリア」の出発点としています。

この書籍の中で、印象に残ったフレーズは、
成果に結びつく能力を以下の4つで表現していることです。
1.スキル(専門性や職務上の経験、資格、技術など)
2.頭のよさ(論理的思考能力)
3.行動特性・思考特性
4.動機
その中でも、スキルと頭の良さは、年齢に関係なく身に付くという立場に立っていることです。
特に、CSKコニュニケーションズの沖縄コンタクトセンター例については、目が留まりました。学力から行動特性・思考特性へ採用基準をシフトしたことにより成功したことは、実に興味深いです。

このスローライフという概念、もう少し関連書籍で勉強してみます。
実に、私個人の考え方に合っているような気がしました。

【2007/02/04 21:49】 | 組織行動
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。