様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、品質コストマネジメントについての研究会に参加。昨年からプライベートで入っている研究会です。大学の先生に加えて民間企業の方も入っています。民間企業は、あまり表に出したくない内容なので非常にデリケートな話が多いです。これを如何にアカデミックに研究していくか、データ収集などハードルの高い研究分野です。

品質コストとは、不用品を生み出さないための品質管理活動に伴うコストと不良品の発生によって支出されるコスト。私の属している企業でも、よく不良品を発生させてしまって、ロスを出してしまうことが多いです。これは次の4つに分類できるとのこと。
1.予防コスト
  不良品を予防するための活動に伴うコスト
2.評価コスト
  不良品を選別するための活動に伴うコスト
3.内部失敗コスト
  不良品が出荷前に発見された時に発生するコスト
4.外部失敗コスト
  不良品が市場に出回ったために発生するコスト

一番、計測しやすいのは、外部失敗コスト。これは、明らかに原価計算上、原価が上昇するので、わりと明確に把握することが可能です。しかし、予防コストや評価コストを金額換算で集計しているかといえば、疑問。なぜなら、あえて金額換算しなくても、アクションは導きだせる思うからです。わざわざ大変な労力をかけないような気もします。内部失敗コストも、工場から不良品を外に出さないために活動した結果なので、裏に隠れた領域。社内でもあまり表に出てきにくいですね。定量調査を行うにしても、更に工夫が必要です。

未開拓な研究分野でもあるので、いい成果がでるのを期待しております。
スポンサーサイト

【2006/05/31 23:53】 | 管理会計
トラックバック(0) |
5月29日より、食品衛生法が改正になって、残留農薬に関する規制が大幅に変更となりました。日本では使用されなくなった農薬が海外で使用されていたり、必要以上に農薬を使用している農家が依然とあるため、原料の安全確認がますます重要となってきます。

以前なら、残留基準が設定されていない農薬等が食品から検出されても、その食品の販売等を禁止するなどの措置を行うことができませんでした。残留農薬等に関する新しい制度(ポジティブリスト制度)では、原則、すべての農薬等について、残留基準(一律基準を含む)を設定し、基準を超えて食品中に残留する場合、その食品の販売等の禁止を行うこととしたものです。
 一律基準とは、専門家が決めた結果、0.01ppmとしています。したがって、0.01ppm超えて残留する食品を販売することはできません。

この制度導入で何が起こっているかというと、委託農薬分析です。各メーカーは、第3者機関に大量に分析してもらっています。先月はピークだったかもしれません。流通は、ほぼメーカー任せで、どうだったと分析結果を迫るだけです。取り扱い製品の多い企業は苦労したでしょうね。この制度は、必要以上に原料の分析が要求されるため、コストと時間がかかります。実際の生産者がそこまで意識が変わるのは、自分の商品が売れなくなってからかもしれません。食品メーカーには影響が大きい法改正です。

【2006/05/30 23:38】 | 品質
トラックバック(0) |
阪急と阪神の経営統合がいよいよ最終段階に入ってきた模様。阪急HDがだしたニュースリリースによると、この統合により、
①バスやタクシーの充実
②ICカード活用による需要喚起
③鉄道・バス運営体制のコスト削減
④不動産事業におけるプロパティマネジメント事業の連携
⑤不動産・流通事業の収益向上
⑥駅前再開発や沿線のマンション事業での積極的な展開による沿線人口増加にともなう都市交通事業の需要喚起
⑦重複する各種事業の連携・協同によるシナジー効果
の項目をメリットとしてあげています。

よく見ると、①~⑥の項目は、⑦に言葉につきますね。中でも一番大きな効果がでるのが、経営統合により、阪神電鉄、阪急電鉄の間接部門が集約されて合理化されていくということです。特に、阪神電鉄の間接部門には10月に嵐の人事異動が待っているでしょう。阪急という官軍が押し寄せてくると立ち退かざるを得ない状況ですね。それは、同時に発表された役員人事をみれば、分かります。阪神電鉄の役員は、16人いたのに監査役を除いて6人しか残っていません。その6人の内訳は、社長室部長、人事部長、経理部長、総務部長、社長室長、鉄道事業本部長です。鉄道事業以外、阪神の事業推進系の経営者は要らないということですね。5人はM&A後の整理が済めばお役ご免といったところでしょうか?このあたりの人選って難しいですね。

1年前には、阪神電鉄の社員は、こんなことが起ころうとは夢にも思わなかったのかもしれません。村上ファンドが登場しなければ、こういった事態が発生しなかったのにと考えるか、いづれ時間が経てば、再編が起こったと見るべきか。私は、どちらかといえば後者だと思いますが、恐ろしい結果です。一方で、阪急がTOBに成功した場合、どういった事業再編を打ち出すかが見ものです。

明日はわが身と思って、気を引き締めなくては。。。

【2006/05/29 23:12】 | 経営戦略
トラックバック(0) |
本日で、ブログを開始して1周年。仕事で苦しくなって、中断していたり、再開に戸惑ってしまったりしながらの1年間でした。ブログは、始めてみると、毎日何かを考えないと続かないということですね。自己啓発をしていく上で役に立つツールですね。

そのツールを昨日から大幅に見直しました。FC2のカスタマイズ機能をみると、いろんなプラグインが用意されているんですね。中には、フラッシュの時計や天気予報やニュースなど、自分の好きな機能を選択できるところがいいですね。HTMLやCSSの用語はとっつきにくいですが、触っているうちに少しずつ理解できるようになって来ました。参考書として今井 剛(2005)「すぐに使えるブログカスタマイズブック」が手助け役となってくれましたが、このサイト「無料ブログ テンプレート カスタマイズ」が実用的で一番有効でした。文法的なサポートをしてくれるので、改行したい時やフォントを変更したいときなど、痒いところをサポートしてくれます。

まだ、知らないことだらけですが、プログラムコードを見て、意味が少し分かるようになってきたレベルです。これからもう少し勉強して、自在に、設計できるようになりたいものです。

それにしても、FC2は公式テンプレートやプラグインの他、ユーザーが作成したものを共有で使用できるテンプレートやプラグインが用意されているので、種類が豊富で重宝します。特に、プラグイン可能なタイプのテンプレートを選択すると自分でカスタマイズする選択肢が広がります。私には、FC2が自分のレベルとぴったりあっているので、ちょうどよかったです。プロバイダを選択するにあたっては、自分のスキルと好みの適応性が非常に重要だと思いました。

【2006/05/28 19:08】 | 余暇
トラックバック(0) |

☆祝☆ 1周年!
うずまきナルト
ブログを模様替えされていたので驚きました。。
初夏らしいカラーでまとめられて、素敵ですね。
鋭さの中に優しさがあるBig Voiceさんの日々の声を、これからも楽しみにしております。


Big Voice
うずまきナルトさん

ご無沙汰しています。お変わりございませんか?
お祝いのメッセージありがとうございます。

新たな気持ちにしたかったのでサイトを一新しました。気分が変わって気持ちが良いです。今後も暖かく見守っていただければありがたいです。


コメントを閉じる▲
このごろ、イオンやそごうに行った時に娘たちが凝っているのが、おしゃれ魔女ラブandベリーのゲーム。このゲームは、娘たちの微妙な心理をついています。ゲームは、おしゃれポイントとダンスのポイントの2種類。おしゃれカード(衣装の素材を提供するカード)を使って、衣装を身につけるのと、曲に合わせてダンスを踊るのが主なゲームの内容。高得点の場合は、もう一回できるようです。彼女たちがよく買う書籍なかよしの中にも、おしゃれポイントあげるためのおしゃれカードがついているんですね。本を買ったときにこの衣装を着て踊りたい(ゲーム上)ような気分にさせるんです。そのカードを使って認識させる動作が(カードを読み取る動作)4歳の娘には楽しいようです。ゲーム機の前にいくと、4歳くらいから小学校低学年の女の子が長蛇の列。この人気には驚きです。彼女たちには、少しくらい並んでもへっちゃらのようです。SEGAのマーケティングにはまってしまっています。

私には、魅力が全然分かりませんが、娘たちには大人気です。

【2006/05/27 23:12】 | 家族
トラックバック(0) |
前期の考課実績を本日提出しました。財務目標で記入している値は、人事部指定の値を入力。目標が予算に到達していないので売上、利益共に明らかにマイナス。ここで大半の成績は決定してしまうんですね。後、残された目標も、止むを得ない事情で達成できなかったものが多かったので、今回の成績は目標より大幅ダウン。今年1年の給料は期待できません。

業績連動型報酬制度の色を強めると、一体どんなことが起きるか?自分の行った成果がそのまま反映されると思ったら大間違い。実は経営者の成績が悪かったら、連帯責任じゃといわんばかりに、管理職には減額措置をとるのが私の会社の業績連動型報酬制度。それだけ、財務目標にウェイトをおいた形になっているのです。こんな形で運用されていると、やる気を失う部署がでてくるのではないかと心配になってしまいます。部長クラスはある程度やむを得ない部分もあると思うのですが、課長クラスに全社の経営成績の影響を色濃くするのはいかがなものか。本当に考えさせられます。自分が一生懸命行った成果が給与に反映するのは、ほんの僅か。あとは全社の業績をあてはめるなんて許せない。。。

やった分だけ報われるようにするのが、業績連動型報酬制度の考え方だったはずなのが、やっても報われず、共に責任を負わされる業績連座型報酬制度という名前がぴったりかもしれません。優秀な人材が抜けていかないか心配です。一方、役員をみると、業績の悪い事業部の執行役員が昇格しているんですね。これを一体どう解釈すればいいのか?変な体質になってしまったなあと思っています。

定量目標の達成率の測り方をもっと工夫する必要があることを自身の考課をもって実感しました。そもそも、目標の立て方が悪いのかもしれません。再考の余地ありです。今日は愚痴モードになってしまいました。

【2006/05/26 23:29】 | 管理会計
トラックバック(0) |
訂正です。

もっと多かったです。なんともお恥ずかしい。
合計は、78,798千人いました。どうやら、パンフに掲載されていた数字は、地域の数字だったかもしれません。どうやら少ないなあと思いました。。。

(続く)
朝になって、免許人口が少ないのが気になって、出勤してから調べていたら、ちょうどいいタイミングで友人からメールでお知らせいただきました。本当にありがとうございました。それにしても、安易に思いつきで判断するのはものすごく危険だとよく分かりました。改めて、パンフを見ると、どの地域の数字とは記載されていませんでした。私が、勝手に全国だと思い込んでいたのです。自分でもまだまだ常識の範囲が狭いなと反省しています。よく考えると免許人口がそんなに少ないなと思ったあとに確認しなかったのが大きなミス。数字を扱っている人間がこんな間違いを犯しているようでは、信頼がなくなりますね。大体の常識的な感覚を失っていたんです。仮説をもつときに一番大切な検証がいい加減とはかなり滅入りました。もっとしっかりしないといけませんね。いい教訓にさせていただきます。次回に活かしたいと思います。


【2006/05/26 08:53】 | 気付き
トラックバック(0) |
本日は、自動車普通免許の更新の手続きを行ってきました。ゴールド免許コースなので、1時間程度で終わりました。混んでいるのが嫌だったので、平日に手続きをしようと思ったのですが、結構人がいました。日曜日も更新受付をしているそうですが、その場合は、もっと時間が掛かるそうです。ゴールド免許を継続できると、保険料も安くなるし、更新までの期間が5年間と長いのがメリットです。

その1時間講習で聞いた話で気になったことが2点。
一つは、交通事故の発生件数についてです。日本全国の平成17年の交通事故の発生件数(人身事故のみ)は、933千件と前年に比べて19千件減少しているようです。これはいいことなのですが、運転免許人口が1,566千人(平成17年)であることを考えると、かなり多い件数ですね。約6割の人は1年間の内に人身事故を起こしている計算になります。実際には、1人で何回も事故を起こしている人がいるので一概には言えませんが、この数字、多いと思いませんか?私は、この発生率計算をしてぞっとしました。5年間無事故の人がいる確率は、
(1-933,000/1,566,000)^5=0.0107以下
となります。違反者はもっといるはずなので、ゴールド免許保持者100人に1人いるかいないかのかなり発生確率の低いところに入っていることになります。自分は、2回連続のゴールド免許なので、10,000人に1人の優秀なドライバーの領域にいることが判りました。そういえば、結婚してから、事故や違反で検挙されたことがないなと思いました。いつもは、気に留めることが少なかったのですが、仕事柄、数字を扱う機会が多いので、すぐに比率計算を行ってしまいました。

もう一つは、駐車違反についてです。来月の6月1日から道路交通法が改正されて、厳しくなるようです。駐車違反の取締りを民間が行えるようになるそうです。小泉首相の仰る「民間にできることは民間に」というメッセージがこんなところにも現れているんだなと思いました。また、反則金を納めない人が多いせいか、今度の改正法では、納付しないと車検が受けられないという仕組みになっているようです。なかなか考えましたね。頭のいい役人が考えた仕組みだと思いました。しかし、大阪のおばちゃんとかは、食い下がってきそうなので、委託された民間の人もてこずるでしょうね。経験のある天下り社員でないと難しいかも。

【2006/05/25 22:38】 | 気付き
トラックバック(0) |
やっと、念願のカウンターを設置しました。今まで、カウンター設置のスキルがなくて、どうやって実現すればいいのか分からなかったのですが、なんとか自力で解決できました。ヒントはこの書籍です。
青木 恵美さん著作の『誰でも簡単!手取り足取り 「自分流」ブログ入門 このとおりやればすぐできる』で簡単にできることがわかりました。試しにログインして実行してみたら案外簡単に実行できました。

FC2のいいところは、
①一目でわかるアクセス統計グラフつきで分かりやすい
②超シンプルで広告なし。
③共有カウンター画像が2000種類以上と豊富
④二重訪問者ノーカウントが可能
⑤使用料が無料
です。

このブログがFC2のサーバーを利用していることもその採用理由の一つになります。設置当初は、本当にカウントアップしていくのか不安でしたが、何とか機能しているようです。とにかく、素材と設置自由度が高いので、少しwebがいじれる人にとっては、いい情報素材ですね。興味がある人は一度、ユーザーIDを登録して試しに使ってみてください。

【2006/05/24 23:56】 | マーケティング
トラックバック(0) |
本日の日経新聞の夕刊をみていると申告漏れの記事が4件並んで掲載されていました。見出しでその悪質程度が分かるようにタイトルが工夫されていました。
一つ目は、中部電力で「中部電、申告漏れ 76億円、1億円は所得隠しか」と大きく掲載されいました。
二つ目は、ブラザーブラザーは22億円」と見出しでは金額のみ。この企業の場合、記事の中で、申告漏れと表現されていました。
三つ目は、オルガノ。「オルガノ3億円所得隠しと認定」と、この場合は、きつい表現で、所得隠しという記事が強調されています。HPを見たら、早速お詫びの文書が掲載されていました。
四つ目は、タレント活動で有名な橋下弁護士、「2500万円の申告漏れ」。この記事は、かわいく表現されていました。本人のブログで、新聞記者のモラルがなっていないと酷評しています。

申告漏れと所得隠しは大違い。過失か故意か、犯罪の臭いが違ってきます。この情報が正しいかどうかは別にして、一旦、マスコミ出てしまうと、なかなか正しい情報で修正しにくいもの。最初の情報が鍵を握っています。
しかし、この種の情報って、どうやってマスコミに漏れてしまうのでしょうか。通常、企業内部のものと国税当局の捜査官しか知りえない情報だと思うのですがね。国税局から漏洩したと仮定すると、不正抑制効果を狙って、公開もやむ終えない部分もあると思いますが、単純な申告漏れについては、企業情報の漏洩にあたるのではないでしょうか?公務員のモラルが問われますね。橋下弁護士は、公務員が情報をもらしているのではないかとブログで書いていました。4件も同時に記事になるなんて、なんだか、公務員の情報ルートが怪しいような気もします。

一方、企業内部から漏洩した場合は、その企業の従業員のモラルが低下している証拠なのでしょう。社員を不遇な目にあわせると自爆テロのように自分の退職と共に告発してしまう人が出るのかもね。普段の社内の空気が如何に大切かを考えさせられます。

【2006/05/23 22:58】 | 気付き
トラックバック(0) |
京都の地下鉄は、よく使用するのですが、この路線は、本当に高いですね。初乗り1駅区間を乗ると210円です。タクシーと比較すると安いですが、今では京都で高い乗り物の代名詞となっています。
政令指定都市における地下鉄の初乗り料金は最高だそうです。

区数 運賃(円)
1区(1~3km) 210
2区(4~7km) 250
3区(8~11km) 280
4区(12~15km) 310
5区(16km以上) 340

全国の地下鉄の損益を比較してみると、黒字になっているのは、大阪市と福岡市のみ。他はどこも赤字なんですね。京都市営地下鉄の平成16年度は約192億5000万円の赤字で 1日あたり約5500万円の赤字。累積赤字額は2384億円。投資金額と売上高のバランスが根本的にとれていない。一体どんな事業計画を立てていたんでしょうか?政治的な思惑と事業としての採算性の両立が難しいという結果なのかもしれません。

札幌市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約71億1378万円 : 平成16年度 累積欠損金 約3402億2824万円[1]
仙台市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約34億2601万円 : 平成16年度 累積欠損金 約1067億3556万円[2]
都営地下鉄   平成16年度 純損益 ▲約113億1600万円: 平成16年度 累積欠損金 約4733億1800万円[3]
横浜市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約69億8900万円 : 平成16年度 累積欠損金 約2298億1800万円[4]
名古屋市営地下鉄平成15年度 純損益 ▲約130億9400万円: 平成15年度 累積欠損金 約4347億1300万円[5]
京都市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約192億4800万円: 平成16年度 累積欠損金 約2384億4700万円[6]
大阪市営地下鉄 平成16年度 純損益 約38億9287万円 : 平成16年度 累積欠損金 約1098億1944万円[7][8]
神戸市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約58億9100万円 : 平成16年度 累積欠損金 約1078億9900万円[9]
福岡市地下鉄  平成15年度 純損益 約12億8000万円 : 平成15年度 累積欠損金 約1310億2069万円[10] 

【2006/05/22 23:20】 | 気付き
トラックバック(0) |
今日は、上の娘の運動会。前日の雨とは打って変わって、いい天候に恵まれました。ここの小学校は、秋ではなく、毎年春に実施しています。運動会の様子を見て、思ったことが2点。

まず、児童の数が少ないこと。各学年1学級ずつで、全学年合わせても98名です。児童の数より、駆けつけた保護者の数の方が多いんですね。日本の少子化は本当に深刻です。しかしよく見ると、一人っ子はあまりいないんですね。ほとんど必ず、兄弟がいました。つまり、結婚して子供が生まれる家庭とそうでない家庭。そしてそもそも結婚していない未婚の成人が多いのかもと思いました。いずれにしても、子供がいない小学校を見せ付けられた印象が強かったです。早く本腰を入れた対策を打たないと、明日はないような気分になりました。私の小学校のころは、親は、忙しくて参加できない人もいたくらいで、子供より保護者の数の方が多いなんて想像できませんでした。韓国ではもっと深刻な状況だとか。どうやったら子供が増えるんでしょうか?
人口が増えないと、一人当たりの購買単価が上昇しない限りマーケットは増えません。国内ではますます、企業の生き残りが厳しくなるなとも思いました。

もう一つ気になったのは、万国旗。運動会といえば、校舎の屋上から万国旗をぶら下げている風景が目に浮かびますが、この万国旗は、なぜ飾る風習になったのか。ふと疑問に思いました。そもそも万国旗は、相手国に敬意を払うために使用するものですが、運動会はとても国際性もないし、関連性もないように思います。東京オリンピックがきっかけだったのでしょうか?それとも大阪の万国博覧会?どなたかご存知であれば教えてください。

後片付けをしていて、ソ連の国旗がでてきたのを見て、その年代を感じてしまいました。

【2006/05/21 18:01】 | 家族
トラックバック(0) |
少し飲みすぎた次の日は、二日酔いでしんどいですよね。これは、アルコールが体内で酸化して生成されたアセトアルデヒドの影響。これが、頭痛、吐き気を生み出すもとです。このアセトアルデヒドによる影響を抑える商品は世の中にたくさん出ていますが、先日飲んでみてよく効いたのが宴会サプリ。健康食品なので、医薬品ではないですね。有効成分は、システインペプチドのようです。
私の場合、酒を飲む前にサプリメントを服用して試してみました。当日はあまり効果を感じませんでしたが、明らかに二日酔いの程度は緩和されていました。深酒しそうな日は、お奨めの商材です。

【2006/05/20 23:09】 | 気付き
トラックバック(0) |
本日は久々に大学院生のゼミ同窓会。大学院も卒業後2年が経過すると、仲間の人生が変わっていました。Drコースに進学したもの、会社を辞めてコンサルティングファームに就職しているもの、海外の大学にいって弁護士資格を持ったもの、出向から本体に戻って活躍している人、経営企画に抜擢された人など、様々。自分の人生設計を切り開いているという感じですね。人生の節目をいつと見るか、常に考え続けていなければいけないことを痛感しました。いつまでも若いと思っているとチャンスも逃すかもしれないように思いました。

中でも驚いたのが、我々の仲間から、社長が出そうなことです。MBAだから社長がでても当然なのかもしれませんが、身近なところから現れると本当にうれしいですね。まるで身内のように喜んでしまいました。

一方自分は、どんな人生の牌を選んでいたかと考えると、配牌の流れのままに任せているように感じてしまいました。自分はこう生きたいという想いが足りないのかもしれませんね。
仲間の変化に刺激を受けた日でした。こういった仲間がいることが私にとっての財産かもしれません。


【2006/05/20 01:46】 | 仲間
トラックバック(0) |
ゴールデンウィークに今流行のウェブ進化論を購入し、読みました。
googleが如何に斬新な発想に基づいて設計されているかよく分かりました。yahooのニュースは、人間の手で編集されているのに対して、googleは、完全にコンピュータによる検索でニュースが掲載されるのだそうです。恐るべしロボット検索。そもそも、同じポータルでも、全く仕組みが異なるだとか。

また、グーグルマップは、すごいですね。例えば、自宅の住所を入力して、いつもと同じように検索すると、何と衛星写真が飛び出してくるんですね。このリアルさには驚きました。完全に網羅していない地域もあるようですが、まるで、近くを訪問したような気分になります。
それも、世界中の衛星写真が写るのですから、海外の様子もよく分かりますね。一度、試しに覗いてみてください。

【2006/05/13 23:07】 | マーケティング
トラックバック(0) |


邦平潤平
いつもありがとうございます!

ブログ拝見させていただきました。

観点は異なるのですが
私もグーグルマップについての記事を
書きましたので
勝手ながらTBさせていただきました。
ライブドアですけど、よろしければ覗いてみてくださいね。
よろしくお願いします。



Big Voice
邦平潤平さま

素敵なブログですね。また、ちょこちょこ訪問させていただきます。

googleは、利用しだすと止められませんね。検索の仕方も少し覚えるとヒット率も高くなりますし、可能性を秘めた検索ソフトです。私には衛星写真が飛び出るなんて、日本人にはない発想だと思いました。


インリン
たまにこっそり閲覧させてもらってます。
最近があまり更新がなかったので心配しておりましたが、お元気そうで何よりです。
googleで「管理会計」をキーワードに検索したら、9番目に登場しました。
「管理会計」「次第」で検索したら、見事にトップに出てきます。
ブログは、更新すれば検索サイトの上位に出てくるようになってます。
これからも、更新されるのを楽しみにしております。
たまには、グルメの話とかも見てみたいですね。
そこから『さおだけやはなぜ潰れないのか』のように管理会計話につなげてしまわれるのでしょうが(^^;)。

本当に9番目でした
Big Voice
インリン様

うそかと思って、管理会計で検索してみたら本当に9番目に出てきました。更に管理会計&次第で入れると本当にトップに出てきますね。何だか驚きです。
くれぐれも口癖に注意しないと。。。。

もっと気楽にテーマを考えて見ます。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。