様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社エルネットが始めた宅ファイル便というサービスがあることをある人のブログから知りました。

送信できる最大容量を50メガバイトなので、普通のメールなら送れないファイルを扱うことができるのがメリットです。あと
①開封通知機能がある
②ファイルの保存期間は72時間
③3回送信を失敗したら、自動的にファイルを削除。
④同時送信できるのは3名まで
というサービスです。

インターネットでメール送信した場合は、あらゆるサーバーにコピーが残るので気持ちが悪いことが多いですね。重要書類や写真などの大容量ファイルを送るにはちょうど良いかも知れません。この会社の収入源は広告料のみ。うまくアピールして、スポンサーを見つけることが大切ですね。企業に切り込めば、重宝されるかもしれません。

このビジネスは、大阪ガスの子会社が行っているようです。何人で運営しているのか知りませんが、いいところに目を付けた事業ですね。

このサービスは、ちょっとした時に利用できそうですね。一度お試しする価値はありそうです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2005/09/30 23:31】 | ビジネスシステム
トラックバック(0) |
2日続けて阪神ネタとなりましたが、阪神タイガースのリーグ優勝、本当におめでとうございます。2年前には、次回の優勝は、ハレー彗星が見れるときまでこないかもといって心配している人もありましたが、今年は、金本を中心として本当によくまとまったチームとなっていましたね。私は、巨人ファンですが、今年の阪神の戦いぶりは、強かったの一言ですね。打撃も非常に勝負強さを感じました。敵ながら、賞賛したいと思います。

反対に情けないのが巨人。
①ヒットが打てない。
②守れない。
③走れない。
④堀内監督に魅力がない。
特に、④番目が最悪ですね。長嶋監督や原監督に比べて、人を引きつける魅力が全くないですね。解説をしているころから、愚痴っぽい人だと思っていましたが、そのマイナスイメージを払拭する力が欠けていましたね。あれでは、選手もファンもついてこないでしょうね。上を見て、仕事をしているというのが見え見えでしたものね。野村監督は、堀内監督と同じく愚痴っぽかったですが、理論には、人一倍納得感がありました。

人の上に立つ人は、「あなたについていけば、たとえ結果がでなくても納得できる。だまされてもいい。」と思わせるくらいの光るものが必要なのでしょう。仕事に対する情熱、部下に対する厳しさと思いやり、ファン(顧客)に対する謙虚さ、といったあらゆる面で、指導者としての能力が欠如していたと思います。そういった人を抜擢した読売グループの経営陣にも責任はあるでしょう。

会社経営も同じです。社内事情に精通して、昇進、昇格していっても、対外的に一目おかれる何かを身につけていないと最終的には、見放される結果になるのでしょうね。今回の巨人がその代表例といったことか。

堀内監督と岡田監督を比較し、わが身に置き換え、今何をすべきなのかを考えた日でした。

FC2blog テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2005/09/29 23:33】 | スポーツ
トラックバック(0) |
本日の日経新聞でも特集が組まれていましたが、阪神電鉄が、村上ファンドのターゲットとなった。阪神電鉄の持ち株比率27%になると同時に、阪神電鉄が10月に完全子会社化する阪神百貨店の株式も約18%取得したようだ。私がもつ阪神電鉄のイメージは
①阪神タイガース球団をもつ
②鉄道を基盤とする不動産会社
③地元密着型の超ローカル安定会社
④鉄道会社独特ののんびり体質
を連想してしまいます。

村上氏がどの部分に価値を置いて買いあさっているのか分からないが、利益が得られると見込んでの投資であろう。こういった事態に阪神電鉄がどのような対応をするのか非常に楽しみです。

もし自分の会社がこのような形になればと思うとぞっとしますね。潜在価値があるからこそターゲットになると思えば、少しは気分が和らぐかもしれませんが、当事者にとってみれば、一大事。思わぬ火の粉が飛んで、余計な仕事が増えたといったところでしょうかね。いずれにしても、阪神電鉄の雇用に影響しなければいいですね。

FC2blog テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2005/09/28 23:50】 | 経営戦略
トラックバック(0) |
広い場所を表現する場合、甲子園球場の何倍とかを耳にすることがあります。その時に伝えた○○平方kmとかの実数は、ほとんど覚えていないものです。たぶん、聞き手は甲子園球場と比較して初めて、そんなに大きいのだといういうイメージを持つのでしょうね。こういった話は、あらゆるところで通じる話ですね。例えば、1万円の新札を積み上げると、1億円になるそうです。このことを利用して、大きな金額を表現ができそうです。日本の財政赤字751兆円は、一万円札と積み上げると、地上7500km。富士山の高さ3778mだからその高さの約2000倍ということもできます。

このように、10の8乗、つまり1億円以上の金額を表現するにも工夫の仕方で、別の尺度を使って連想しやすいものと比較すると表現力が豊かになるようです。これから、億単位の金額を表現する時に、意識してみようと思っています。

参考:加藤良平(2005)数字のホント?ウソ!-武器としての数のセンスを磨く- ベスト新書¥780

FC2blog テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2005/09/27 23:50】 | 管理会計
トラックバック(0) |
昨日理髪店に行って気が付いたことがありました。
店員の言葉をよく聞いていると彼らは、常に人の名前を呼んでいるのです。当たり前の話なのですが、これが結構耳につくものですね。
例えば、
①入り口に入って、BigVoiceさん、こんにちは。お待ちしておりました。と顔を覚えているよ言わんばかりの挨拶。

②次に席に座るまで、BigVoiceさん、お待たせしました。
ここでも、名前をしっかり言われました。

③シャンプーするときも、BigVoiceさん、かゆいところはありませんか。

④カットの最中も、お子さんは何人いたとか、それも男か女かまでも記憶していた。店長の奥さんに至っては、小学校何年とか、出身地までも覚えている。まさにその記憶力は素晴らしいとしかいいようがないですね。

こういった、サービス業の方の固有名詞の活かし方には、見習うべきノウハウが隠されているように感じました。散髪をする腕もさることながら、こういったお客さんとのコミュニケーションの持ち方は、素晴らしいですね。自分の名前や自分の子供のことを言われると、何となく、気分がよくなるのは私だけでしょうか?

お客様の名前を如何にしたら覚えられるのだろうか。それが、理髪店では、実際に名前を呼んでみて、脳裏に印象付けることなのかもしれません。意外と簡単なようで難しいことですよね。私も人の名前を覚えるのが苦手な方なので、この手を使っていきたいと思いました。

FC2blog テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2005/09/26 22:21】 | マーケティング
トラックバック(0) |


すぎた
「自分の名前は最高の音楽である」という一節を記憶しています。祇園や北新地のママもこの手のスキル抜群ですね。


Big Voice
>「自分の名前は最高の音楽である」という一節を記憶しています。

このフレーズ、とてもいい響きですね。使わせていただきます。


じゃっく
先輩の話。

新入社員研修会後の懇親会のとき、当時の社長から「君が○×君か。がんばってくれたまえ!」と声をかけられ、いたく感動したそうです。

後からよくよく考えると、社長が新入社員一人一人の名前を記憶しているはずもなく、名札の名前を見て会話しただけなんですね。。。

それって、分かっていても非常に嬉しいもので、人の心を掴むちょっとしたテクニックなんだと先輩の話を聞いて感心したのを思い出しました。

コメントを閉じる▲
8月上旬に体調を崩して、そのままブログが滞っておりました。
体調は、元に戻ったのですが、書き出す元気がなく、いまに至ってしまいました。

本日、大学院の同窓会のイベントに出席し、そこでエネルギーをもらってきたので、再開に踏み切ることができました。三品先生、本当にありがとうございます。

今日のイベントでは、三品先生著書「戦略不全の論理」に基づく内容に加えて、これから発行予定の書籍の内容まで、オフレコで聞かせていただきました。特に印象に残った部分で言うと、
①いい研究や経営を行うためには、どのような動機を持つかが非常に重要。自分で自分自身の生き様を語ることができ、自分固有の行動様式が持ててはじめていい成果が出せるということ

②戦略とは、中期経営計画のように一度決めたら良いというものではない。常に見直され、環境の変化に柔軟に対応できることが大切。戦略は、観と経験と度胸。自分の見えている部分の「周辺部分」をどう読むかが大切。

③社長が就任した時に期待される任期は、10年以上求められるときに初めて長期にわたる戦略を描ける。

他にも、多くのメッセージを頂きました。
自分の常識の範囲を広げ、感性を高めることが如何に大切かということを改めて認識しました。今後の社会生活に活かしたいと思います。

FC2blog テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2005/09/25 23:40】 | 経営戦略
トラックバック(0) |


すぎた
昨日欠席で失礼しました。

ブログ復活うれしいです。楽しみにしています。


うずまきナルト
7月末に京都の相撲茶屋で
皆さんから合格祈願をいただいた○○○です。

心配しておりました。

ブログの更新を楽しみにしております!!が、…ご自愛ください。




じゃっく
ブログ更新がなされてなかったので、心配しておりました。

ブログ再開、楽しみにしております。
パワフルなBig Voice的な切り口、期待しておりますので!

皆様ありがとうございます
Big Voice
皆さんにご心配をおかけしましたことをお詫びいたします。また、毎日、地道に、投稿していきたいので、見ていただければありがたいです。



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。