様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 このたび、山崎豊子さん原作の「不毛地帯」がフジ系列で今週からドラマ化されるに伴い、先行して、原作を購入。第1巻を読み始めました。この長編小説は、全部で5巻あり、テーマが戦争、シベリア捕虜、商社事業。これらを見事に表現しています。この小説のモデルとされている方は、元伊藤忠商事会長の「瀬島龍三」さん。彼はエリート軍人で、1945年7月1日、関東軍参謀に任命され、満州へ赴任。同年8月15日の日本の降伏後、極東ソ連軍との停戦交渉に赴くも、捕虜となってしまいます。その後、瀬島さんはソ連のシベリアへ11年間抑留されることとなってしまう。この間、連合国側から極東国際軍事裁判に証人として出廷することを命じられ、ソ連側証人として出廷した。シベリア抑留から帰還後、1958年に大手商社の伊藤忠商事に入社する。入社3年目の1961年には業務部長に抜擢され、翌年に取締役業務本部長、半年後に常務となり、その後も、1978年には会長に就任しました。
 小説では、この間に発生した苦難を非常にリアルに表現しています。特に、シベリア捕虜生活の悲惨、惨忍さは読んでいて悲壮感漂うものがあります。こんな時代には二度としてはいけないと思ってしまいますね。インターネットで、瀬島龍三さんを検索してみると、いい面、悪い面、評価が分かれているようです。我々は、戦争を知らない世代には、分からない経験がたくさんあるので、是々非々で見ていきます。特に、人、組織を動かすことなど、この方の参謀としての考え方は、現代にも通じることなので、いいところを切り取りたいですね。

「白い巨塔」「華麗なる一族」「大地の子」と山崎豊子さんの小説が、近年ドラマ化されているときには、いつも原作を読んで見比べてしまいます。原作とドラマの違いがあって、なぜそうなったのかを考えてしまいますね。
 今月24日に映画が公開となる「沈まぬ太陽」も山崎豊子さんの力作の一つ。渡辺謙主演なので、どんなふうにできあがっているのかワクワクします。
スポンサーサイト

【2009/10/12 21:44】 | 政治
|
 ロシアとウクライナとの間で懸案となっている天然ガスの問題。昨年10月の首相会談で「今後3年かけて国際市場価格に段階的に近づける」ことで合意していたようなんですが、両国の経済状況と政治的思惑が背景にあるため、 ロシア-ウクライナ間の昨年のガス価格交渉は決裂。1000立方メートル当たり約180ドル(約1万6000円)だったが、ガスプロムは2倍以上の418ドルに引き上げる意向を示していました。プーチン露首相も12月31日、価格を250ドルにすると表明していたのですが、交渉は更に難航して、結果はガス停止という事態に陥っています。
 この状況はまるで、極道が手形を片手に取り立てを請求している姿に近いですね。こういった恫喝に近い価格交渉を行う国家とまともにビジネスをしていくにはいろんなリスクが付きまといます。中国も毒入りギョーザ問題の例からするととても国際社会に加入できる姿ではないと思いましたが、ロシアもほぼ同レベル。エネルギーという経済活動の根幹を揺るがす部分を握っているだけ与える影響範囲は広く性質が悪いです。ロシア国民は一体どう思っているのでしょうかね。日本は今のうちにロシアをもっと研究して対策を練る必要がありそうです。

【2009/01/05 23:42】 | 政治
|
小泉総理が退陣し、新たに安部晋三総理による内閣が編成されました。安部総理の談話で、活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自律の精神を大事にする、世界に開かれた、「美しい国、日本」を目指すと述べています。自ら美しい国づくり内閣とやらの命名していましたが、これらの言葉だけでは、何が美しいのかいまいちよく分かりませんね。心が美しくなることを指しているのでしょうか?美しいという形容詞を辞書で引いてみると、人の心や態度の好ましく理想的であるさまを言うそうです。すると、何を理想とするのかで「美しい」の定義が変わってしまうので、人のとり方で、何とでもいえる言葉になります。イメージ先行のフレーズを使用してるのが気になりますね。今度、安部さんの書籍を読んでみようと思いました。

また、今回の組閣で高市早苗さんが入閣しました。彼女は、奈良県の畝傍高校出身。また、出身大学は神戸大経営学部。同じキャンパスに通っていた人が、内閣入りするとはうれしい限りです。昔、宇野宗佑さんが総理大臣になって、2ヶ月後女性スキャンダルですぐに退陣したときは、とても大学の先輩だと口に出して言いにくかったです。

高市さんも、その昔新進党で公認をとって国会議員になりながら、自民党に鞍替えした方。日和見的行動は気になりますが、切れ味鋭い姉御という感じです。大臣としていい方面で名前を売って欲しいですね。どんな活躍をするのかをウォッチしたいと思います。

【2006/09/28 03:00】 | 政治
トラックバック(0) |
東海道新幹線の京都駅と米原駅の間に、南びわ湖駅をつくる計画に反対して、滋賀県知事になった嘉田由紀子さん。自民党と民主党推薦の現職を破っての当選だったので記憶に新しいですね。7月20日に知事に就任以来2ヶ月ほど経過しましたが、どんな風に活動していらっしゃるのか興味がありましたので、知事のHPを覗いてみました。

彼女は、ほぼ毎日ブログ形式で、自分の活動履歴を掲載しています。まめに入力されているのには驚きです。文章のタッチ及び内容からして本人が執筆なさったようです。私でも、毎日はかなり難しいと思っているのに知事の仕事となると多くの業務があるのでどれを取り上げるのか、選択が難しいでしょうね。知事になる前からブログを公開していたのでその延長線で行っているのでしょうね。ただ、知事の文面だけに内容チェックしているお守り役がいらっしゃるんでしょうけれども。しんどい時は同行したスタッフがリポートすると少しエクスキューズも入っています。今の時点ではほぼご自身の文面がほとんどのようです。

この知事の行動に注目している理由は、撤退を如何にうまく行うのかを見たいためです。一度投じてしまった事業というのはなかなか止められないものです。複数の関係者の想いが入り混じり、調整が困難になります。キャッシュフロー経営の視点で見れば、既に投じてしまったものをもったいないからといって、次々に新たな投資をしていくのは最悪の経営。ディスカウントキャッシュフローの計算方法を知っていれば、すぐに結果をみることができます。

ただ、頭では分かっていてもなかなか実行できないのが、撤退です。撤退だけでは、何も新たなものを創造しないからでしょうね。新機軸の代替案が要るように思いますね。

県議会とのゆり戻しを受けながらも、初志貫徹できるかどうかを楽しみにしたいと思います。

【2006/09/23 11:01】 | 政治
トラックバック(0) |
紀子さまの男子誕生おめでとうございます。神武天皇以来、125代にわたり男系を維持してきた天皇家は、紀子さまの男子誕生で、男系が維持できることになりました。

皇室典範の改正論議で、私も女生天皇と女系天皇の違いを初めて知りました。女性天皇とは、単に女性の天皇を指すのに対して、女系天皇とは、母のみが皇統に属する天皇のことです。天皇家は、125代目の今上天皇まで、科学的にみるとY遺伝子を維持されてきたんですね。これだけが、天皇となる唯一の繋がりだったんです。男女平等の世の中で、男系という唯一繋がっていたものを止めるのか否かは重要な話かなと思っていました。女性天皇は、問題は起こりませんが、女系天皇は皇族崩壊に繋がるのでは思っていました。日本の皇族が維持されるべきかどうかは議論がありますが、少なくとも皇族とは何ぞやと聞かれたら答えられなくなる可能性があったわけですね。

天皇家の家系図をネット上で見つけました。
話題となっていた女性天皇は、以下の10代8人で、6世紀から8世紀に集中しています。この女性天皇の後は、男系を維持しています。

 推古天皇(在位592年~628年)(第33代)
 皇極天皇(在位642年~645年)(第35代)
 斉明天皇(在位655年~661年)(第37代、皇極天皇の重祚)
 持統天皇(在位686年~697年)(第41代)
 元明天皇(在位707年~715年)(第43代)
 元正天皇(在位715年~724年)(第44代)
 孝謙天皇(在位749年~758年)(第46代)
 称徳天皇(在位764年~770年)(第48代、孝謙天皇の重祚)
 明正天皇(在位1629年~1643年)(第109代)
 後桜町天皇(在位1762年~1770年)(第117代)

【2006/09/07 08:06】 | 政治
トラックバック(0) |
本日、北朝鮮がミサイルを日本海に発射してきました。朝方から、この報道に明け暮れた1日でしたね。発射されたミサイルの数がなんと7発。ロシアの報道では、10発という情報もあります。うかうかしていられない状況になりました。被害がでていないのが幸いです。ロシアは沿岸近くに着弾しているので、プーチンさんがどんなコメントするのか興味がありますね。

また、日本海近郊でお仕事をする人、例えば、新日本海フェリーの船長さん、札幌-ソウル直行便を飛ぶパイロットさん、漁師さんなど、尋常な気持ちで仕事ができませんね。いつミサイルが飛んでくるかと思うと、かなり不安になってしまいます。被害にあわないことを祈るばかりです。

自分が船会社や航空会社の経営陣として判断する立場なら、こういった非常事態の場合にどのような対応をするだろうか?目先のキャッシュフローを無視して、安全を優先できるだろうか?少し考えてしまいます。

今回のようなミサイルは、どこに向けて飛んでいくのか分からない。日本海上空は、非常に危険ということだけ。例えば、サービスを止めるにしても、いつまで、サービスを止めるか、決断がいります。乗客の安全とキャッシュフローとの天秤は、いつもかけられているように感じました。

【2006/07/05 23:30】 | 政治
トラックバック(0) |
民主党の永田議員が巻き起こしたライブドアのメール問題について、私も考えてみました。企業活動においても、組織階層にはないルートで、経営者に情報伝達されるケースがあります。このような情報に出くわした時に、どのように判断するか?自分に都合が悪い情報だから、封印するのか、それとも、もっと調査すべきか、企業姿勢が問われます。特に重要なのが、その情報が、真実か否かです。その調査を怠らないことです。一度、情報を挙げて真実が曲げられた場合、二度と同じ情報は上がってこないケースが多い。勇気を奮って上申した情報なのに、何もアクションが取られないことがあると、何とも悲しい結果に終わります。ちなみに社内に派閥等があり、官僚組織化していると、こういった怪文書が発生しやすいようです。
いずれにしても、真実を追究することを怠らない。また、事実と分かったら、再発防止に努めることが重要であると改めて認識した次第。ガセネタに踊らされることのないよう普段から注意が必要ですね。

【2006/02/27 23:23】 | 政治
トラックバック(0) |
昨晩の深夜に、ひょいとテレビをつけてみたら、「朝まで生テレビ」を放映していました。学生時代はよく夜更かしをしていたので見ていたのですが、最近はこの番組の存在を知りませんでした。毎月1回金曜日の夜に放映しているんですね。久々だったので思わず、見入ってしまいました。いまでも少し眠いです。。。ただ、ここで出演してくる方の特徴は、「オレがオレが」と、自己主張タイプの人間が多く、相手の意見を尊重しない傾向が強いのは、昔と変わらないですね。

出演者はご自身が用意してきたバックデータを元にコメントしている方が多かったです。論理的に説明できている人のコメントを聞いていると気持ちが良いですね。ただ、話の切り出し方が唐突な方、論点をすりかえる方、「でも」・「しかし」で話を切り出す方、横柄な姿勢をしてコメントしている方、最後まで人の話を聞かない方、など聞いていて不愉快に感じることもしばしば。上手に議論することができない人を集めてしまっているのかなあと思ってしまいました。

様々な主張をされる方がありましたが、少子化というテーマには、いろんな問題が背景にあることが良く分かりました。そもそも結婚しない人が増えていること、結婚をしているが経済的な問題で3人以上子供を持てないこと、結婚をしているが子供が生まれない、結婚をしているが子供がほしくない人など、一見出生数が少ないという現象を単純に捉えるのではなく、夫々全く別の切り口で解決策を考えないといけないということ。何事も十把ひとからげにしてはいけないということが勉強になりました。また、フランスでは出産費がただであること、東京都江戸川区では出生率が高いこと、厚生労働省は過去4回も予測を見誤っているという話を初めて知りました。

しかし、行き着くところは、管理監督省庁がどこか、諮問機関の責任を負っている国会議員が誰かということになってしまうのはいかにも日本的官僚組織の弊害かなと思いました。

ちなみにパネリストは、以下のメンバーでした。

松島 みどり(衆議院・自民党)
蓮 舫(参議院議員・民主党)
福島 みずほ(参議院議員・社民党党首)
奥谷 禮子(ザ・アール社長、経済同友会理事)
長田 百合子(塾経営)
金 美齢(評論家、JET日本語学校理事長)
遙 洋子(タレント・作家)
ミュリエル・ジョリヴェ(上智大学教授)

勝谷 誠彦(コラムニスト)
松原 聡(東洋大学教授)
森永 卓郎(エコノミスト)
八木 秀次(高崎経済大学教授)

【2005/11/26 09:10】 | 政治
トラックバック(0) |
さて、本日の話題は、小泉総理の靖国神社参拝についてである。この参拝に是非についても議論のあるところであるが、ビジネスを行う上で影響が出るのは間違いないだろう。いつもこの報道に関して、不思議に思うのが、日本の旗を焼いたり、小泉総理の似顔絵にバッテン印をつけたプラカードもって、デモしている姿が、映像で写されることだ。このシーンを報道してほしいといわんばかりである。

今回の件で、中国当局がどのような行動にでるのか?非常に不安ですね。

この公約実行の問題で、中国に関係している日本人に、多大な不安を与えているのは事実なので、早くA級戦犯分祀することで解決してもらいたいですね。解決案があるのに進められていないのが残念です。

【2005/10/18 01:38】 | 政治
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。