様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日ロンドンハーツを1年ぶり位久々に見ました。その理由は、石田純一さんのプロポーズプロセスが初公開されていたためです。私は普段芸能ネタにそれほど興味があるわけではないのですが、あの百戦錬磨の石田純一さんは本当の告白をする時にどんな工夫をするのかに興味をもち、ついつい番組を見てしまいました。

石田純一さんの口説きのテクニックを一言でいうと「絶品の優しさ」ですね。東尾理子さんもコメントしていましたが、ジュースに対して優しくするといっても過言ではないほど丁寧。とても55歳とは信じられないですね。あの若さはどこから湧いてくるものなのだろうかと本当に不思議に思いました。男性ホルモンの分泌量が違うのでしょうか?

その優しさを演出するために彼は努力を惜しまない。例えば、プロポーズの場所の設定。エーゲ海を一望できるところを選ぶあたりが、別格なのかもしれません。これは日本人感覚でありえないほど絶景の場所を選ぶんですね。また、しぐさが憎らしいほど嫌らしさを感じさせない。

なぜ、石田純一さんが憎らしさを感じさせないのかをちょっと深く考えてみました。芸能人なのでルックスもあるかもしれませんが、一番キーとなるのは、顔の良さではなく「表情」ですね。いつも穏やかで、怒り出しそうなことは全く無い。大きく包み込む雰囲気があるんですね。目元、口元、頬の動きなど、これは誰にでもでき、自分に活かせる研究の余地がある分野のように思いました。


話は変わって東尾理子さん。この方って、笑顔が素敵なプロゴルファーとして有名ですが、私は、このテレビ放映の表情を見て、勝負師として、もうやっていけないのではと思いました。それは目の鋭さが無くなってしまっているのです。キリッとしたところが消えうせてしまっているように感じました。
勝負師として、もっと活躍していくためには、怖いくらいの鋭い目が必要でしょうね。
プライベートだけでなくゴルフの方も、もっと活躍されることを期待しています。
スポンサーサイト

【2009/09/30 21:19】 | 気付き
|
久々に投稿いたします。

仕事が忙しくなって、一度、投稿が止まってしまうとなかなか復活できないものですね。今回は、長期離脱になってしまいました。自分で時間を作る努力が必要ですね。2年前と比較して、だんだん流れで動いてしまっているようで少し危機意識があります。少しでも時間を作るように努力していきたいです。

ところで、今回は企業の不祥事の関連記事について一言。
ある人から、新聞社の組織について聞くことがありました。各社毎に特徴がありますが、その中でも共通していえることが、「社会部」の存在だそうです。経済部や政治部の記者と違って、社会部の記者は、人の恥部を遠慮なく土足で踏みあさり、記事にしていきます。一度、睨まれるとエグイ書き方をします。どこの会社でも起こっていることを特別のことのように記事にしていきます。今回の不二家も同じですね。確かに、不二家の経営陣の対応はよくなったと思いますが、容赦ない記事には少し違和感があります。

以前にJR西日本記者会見で罵声を浴びせたのも読売新聞の社会部の記者です。節度ある記事を望みますが、どうしても過激になっていく傾向があるようです。

経済面ではなく、社会面に記事が記載されているときは要注意。偏見に満ち溢れている可能性が高いと思って読むのがいいでしょう。


【2007/01/28 21:10】 | 気付き
トラックバック(0) |
9月19日の日経新聞で、優良企業ランキング、「NEEDS-CASMA(日本経済新聞社の総合経済データバンクの多変量解析法による企業評価システム=Corporate Appraisal System by Multi-variate statistical Analysis)」で、武田薬品工業が1位の評価を受けました。武田薬品工業は、毎年、上位を占めている企業のうちの1つです。今年の上位5社を見ると、以下の通りで、規模と収益性が高い企業が占めています。

順位 証券コード 会社名  総合得点 規模 収益性 安全性 成長力
1 4502 武田薬品工業(株) 1000  89  70  83   52
2 6954 ファナック(株)  968   78   73   97    53
3 9437 (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ
              950 92 77 59 39
4 7203 トヨタ自動車(株) 933   100  55  51   53
5 7751 キヤノン(株)   930   91   63  63   53

この評価点の付け方が日経NETに公開されていたのでよく読んでみると記者50人が選んだ企業ありきで、その企業を後付で数値評価する仕組みになっていることがわかりました。この50人が良いとした企業の評価モデルが、規模が36.6%(前年度は36.6%)、収益性が35.3%(同27.9%)、安全性が17.7%(同16.3%)、成長力が10.4%(同19.2%)と、規模と収益性を重視したモデル式となっていたんですね。

こういった優良企業を評価する仕組みというのは、非常に難しいですが、日経新聞は、出た数値結果に納得性を求めるために、事前に網を掛ける仕組みを考えたのでしょう。みんなが納得する企業を選んでおいて、その企業モデルに評価式を算出するなんて、それでいいのかなと思った次第。後付ではないやり方があっても良いような気がしました。

この評価方法では、急成長している企業が評価されない仕組みですね。ここでは、そういった意図がありありと見えました。

【2006/09/20 23:46】 | 気付き
トラックバック(0) |
皆さんはエクセルの関数の中で、どれを一番よく使いますでしょうか?
私が一番よく使う関数は、vlookup関数です。

エクセル上で、マスタを使って、キーコードから名称や付帯情報を付けるケースが一番多いです。例えば、製品のコードから、名称や容量、入数などのデータを引用する時によく使います。この時には、1つの製品に対して、ユニーク(固有)なコードが割り振られているのが条件です。

このユニークなキーをベースに、カテゴリやイベント系のデータ、例えば、数量や金額などのデータも参照することもあります。vlookup関数とピボットテーブルが使えれば、わりと大きなデータも簡単に処理できるようになりますよ。

ところが、本日は、普段あまり使わないsumif関数を使って仕事をしていたところ、どうしても、計算が合わないことに遭遇しました。キーとなるデータの形式やスペースなど、陥りやすいところは、隈なく検証してみたのですが、原因不明。複数の隣人に確認していたのですが、どうやらバグの可能性もあるとのこと。

そう思ってマイクロソフトのホームページを見ると、いくつものバグが掲載されていました。その件数の多さに愕然。エクセルは、自動で計算されるものと思っていたのに、ソフトの設計に問題があるとは、よもや思いもしませんでした。思わぬ落とし穴があるものなんですね。しかし、今回の件は、未だにバグかどうかは分かっていません。

何でも、信用しすぎないこと。これに尽きます。100%完璧の設計はありえないと思って接するほうが精神衛生上いいですね。

【2006/09/07 23:33】 | 気付き
トラックバック(0) |
昨日は、海外赴任となった友人の壮行会を開催し、京都鴨川の納涼床でお食事をしました。今回堪能した場所は、という三条にある有名なお店です。天気予報では、降水確率80%となっていたので、冷や冷やしましたが、日頃の行いがよかったせいか、無事、納涼を楽しむことができました。鴨川の涼しい風を浴びながらの宴は、非常に気分がいいですね。京都は、その他の地域と違い、独特の風情があるように思いました。これも、長い歴史の影響でしょうか。

注文したのは、懐石料理だけで8,000円とかなり高価でしたが、対価に見合ったところでした。年間何回も行くところではないのでそれほど気になりませんでした。同じ料理を食べても、場所が違うだけで、味覚も異なって感じるものなのでしょうかね。小出しで出される料理も美しく彩られ、かつ非常においしかったです。おかげでリッチな気分に浸ることができ、また、参加したメンバーに喜んでいただいたことが本当にうれしかったです。

酒代を含むと1万円を超える出費があっても、満足した気分になることができる一方、ディスカウントストアで買った商品が100円ショップで更に安売りされているのを見ると、高価な買い物をしてしまったと非常に残念がってしまう。同じ人が同じ商品を買っても大きく印象が異なり、付加価値の付け方を工夫することで売価が全く変わってしまう。こういった消費者心理をもっと理解して、商品を開発する必要があるように思いました。

高額に見合う対価が何か?商品そのものだけではなく、複合の要素を兼ね備えて考えていくことが大切なんですね。普段、高価なものを買わない私にとっては、貴重な体験をすることができました。

海外に赴任する友人がますます活躍されることを祈念しております。

【2006/07/01 08:24】 | 気付き
トラックバック(0) |
最近、ベストセラーになっている「食品の裏側」を購入。私も同じ業界に携わっているので、非常に興味がありました。

添加物商社のトップセールスマンだった安部司さんは、如何に添加物を使用させるかというアイデアを次々だして注文を獲得してきたようです。製造現場に入り込んで、顧客の問題を聞きだし、それを解決するための手段として、添加物を提案していきました。この人もソリューション営業を行っていたんですね。どこの世界でも、トップセールスマンは、こういった営業ができないと務まらないのかな。

その彼が、食品製造業と添加物の関係をこの書籍で赤裸々に語っています。知識不足のため事実誤認の部分もありますね。表現が、製造業者にとってネガティブな記載方法をとっているのが気になりました。情報公開が必要と述べていますが、それが間違った理解のさせ方をしていれば、本当の公開とはいえないですね。ここで取り上げられた食肉業界、添加物卸は、相当怒っているのではないでしょうか?

自分で開発した商品(ミートボール)を自分の子供が食べている姿を見て、会社を辞める決心をしたそうな。ほんとかいなと思いながら読みました。

確かに、食品添加物は、あらゆるところで使用されています。その実態を理解するうえでは貢献しているといえるでしょう。ただ、事実誤認だけはいけませんね。少し情報公開の仕方に偏りがあり問題が残る内容です。

【2006/06/19 23:28】 | 気付き
トラックバック(0) |
東京都港区のマンションで高校生が死亡した事故の影響で、社内でもエレベータ騒動。各地のエレベータ製造メーカーの調査を行いました。幸いなことにシンドラー社のエレベータはありませんでした。このシンドラー社は、世界で2位のシェアを持っているようですが、日本では案外普及していないようです。日本市場は3万3千台前後で、日立製作所、日本オーチス・エレベータ、三菱電機、東芝エレベータ、フジテックで9割程度を占めるようです。日本エレベータ協会の常務理事を担当している企業の名簿を見てもその力関係が分かりますね。

何か社会不安を起こすような事件、事故が起こると自社はどうかという調査になるので、仕事が増えます。大変な事故が起きてしまったものです。このような事故が発生すると、それまでコスト優先だった人も、今まで言葉に出さなかった「安全」というワードが突如出てくるから驚きです。安全が当たり前と思っているところに落とし穴があるのでしょうね。経営者は、当たり前のことをどうケアしていくかも普段から真剣に考えておく必要があるように思います。

エレベータというと、最近は昇降時の不快感がないタイプが普及していますね。シンドラー社のエレベータは、ハードではなく、こういった複雑な制御を行うソフトウェアに問題があったようです。シンドラー社のエレベータは、世界で7億5000万人の人が利用しているようですが、現在、これらの人は、恐怖にさらされているのでしょう。数階くらいなら、当面の間、エレベータを回避して、階段を利用することを考えるかもしれませんが、数十階に及ぶエレベータではそういうわけにはいきませんよね。閉じ込められるような体験をすると、恐怖症に陥りそうです。

他のメーカーにもいつもより多いのクレームが寄せられて対応が大変なのでしょうね。こういった事件が二度と起こらないような仕組み作りが必要ですね。失敗を前向きに活かしてほしいものです。

【2006/06/07 23:21】 | 気付き
トラックバック(0) |
訂正です。

もっと多かったです。なんともお恥ずかしい。
合計は、78,798千人いました。どうやら、パンフに掲載されていた数字は、地域の数字だったかもしれません。どうやら少ないなあと思いました。。。

(続く)
朝になって、免許人口が少ないのが気になって、出勤してから調べていたら、ちょうどいいタイミングで友人からメールでお知らせいただきました。本当にありがとうございました。それにしても、安易に思いつきで判断するのはものすごく危険だとよく分かりました。改めて、パンフを見ると、どの地域の数字とは記載されていませんでした。私が、勝手に全国だと思い込んでいたのです。自分でもまだまだ常識の範囲が狭いなと反省しています。よく考えると免許人口がそんなに少ないなと思ったあとに確認しなかったのが大きなミス。数字を扱っている人間がこんな間違いを犯しているようでは、信頼がなくなりますね。大体の常識的な感覚を失っていたんです。仮説をもつときに一番大切な検証がいい加減とはかなり滅入りました。もっとしっかりしないといけませんね。いい教訓にさせていただきます。次回に活かしたいと思います。


【2006/05/26 08:53】 | 気付き
トラックバック(0) |
本日は、自動車普通免許の更新の手続きを行ってきました。ゴールド免許コースなので、1時間程度で終わりました。混んでいるのが嫌だったので、平日に手続きをしようと思ったのですが、結構人がいました。日曜日も更新受付をしているそうですが、その場合は、もっと時間が掛かるそうです。ゴールド免許を継続できると、保険料も安くなるし、更新までの期間が5年間と長いのがメリットです。

その1時間講習で聞いた話で気になったことが2点。
一つは、交通事故の発生件数についてです。日本全国の平成17年の交通事故の発生件数(人身事故のみ)は、933千件と前年に比べて19千件減少しているようです。これはいいことなのですが、運転免許人口が1,566千人(平成17年)であることを考えると、かなり多い件数ですね。約6割の人は1年間の内に人身事故を起こしている計算になります。実際には、1人で何回も事故を起こしている人がいるので一概には言えませんが、この数字、多いと思いませんか?私は、この発生率計算をしてぞっとしました。5年間無事故の人がいる確率は、
(1-933,000/1,566,000)^5=0.0107以下
となります。違反者はもっといるはずなので、ゴールド免許保持者100人に1人いるかいないかのかなり発生確率の低いところに入っていることになります。自分は、2回連続のゴールド免許なので、10,000人に1人の優秀なドライバーの領域にいることが判りました。そういえば、結婚してから、事故や違反で検挙されたことがないなと思いました。いつもは、気に留めることが少なかったのですが、仕事柄、数字を扱う機会が多いので、すぐに比率計算を行ってしまいました。

もう一つは、駐車違反についてです。来月の6月1日から道路交通法が改正されて、厳しくなるようです。駐車違反の取締りを民間が行えるようになるそうです。小泉首相の仰る「民間にできることは民間に」というメッセージがこんなところにも現れているんだなと思いました。また、反則金を納めない人が多いせいか、今度の改正法では、納付しないと車検が受けられないという仕組みになっているようです。なかなか考えましたね。頭のいい役人が考えた仕組みだと思いました。しかし、大阪のおばちゃんとかは、食い下がってきそうなので、委託された民間の人もてこずるでしょうね。経験のある天下り社員でないと難しいかも。

【2006/05/25 22:38】 | 気付き
トラックバック(0) |
本日の日経新聞の夕刊をみていると申告漏れの記事が4件並んで掲載されていました。見出しでその悪質程度が分かるようにタイトルが工夫されていました。
一つ目は、中部電力で「中部電、申告漏れ 76億円、1億円は所得隠しか」と大きく掲載されいました。
二つ目は、ブラザーブラザーは22億円」と見出しでは金額のみ。この企業の場合、記事の中で、申告漏れと表現されていました。
三つ目は、オルガノ。「オルガノ3億円所得隠しと認定」と、この場合は、きつい表現で、所得隠しという記事が強調されています。HPを見たら、早速お詫びの文書が掲載されていました。
四つ目は、タレント活動で有名な橋下弁護士、「2500万円の申告漏れ」。この記事は、かわいく表現されていました。本人のブログで、新聞記者のモラルがなっていないと酷評しています。

申告漏れと所得隠しは大違い。過失か故意か、犯罪の臭いが違ってきます。この情報が正しいかどうかは別にして、一旦、マスコミ出てしまうと、なかなか正しい情報で修正しにくいもの。最初の情報が鍵を握っています。
しかし、この種の情報って、どうやってマスコミに漏れてしまうのでしょうか。通常、企業内部のものと国税当局の捜査官しか知りえない情報だと思うのですがね。国税局から漏洩したと仮定すると、不正抑制効果を狙って、公開もやむ終えない部分もあると思いますが、単純な申告漏れについては、企業情報の漏洩にあたるのではないでしょうか?公務員のモラルが問われますね。橋下弁護士は、公務員が情報をもらしているのではないかとブログで書いていました。4件も同時に記事になるなんて、なんだか、公務員の情報ルートが怪しいような気もします。

一方、企業内部から漏洩した場合は、その企業の従業員のモラルが低下している証拠なのでしょう。社員を不遇な目にあわせると自爆テロのように自分の退職と共に告発してしまう人が出るのかもね。普段の社内の空気が如何に大切かを考えさせられます。

【2006/05/23 22:58】 | 気付き
トラックバック(0) |
京都の地下鉄は、よく使用するのですが、この路線は、本当に高いですね。初乗り1駅区間を乗ると210円です。タクシーと比較すると安いですが、今では京都で高い乗り物の代名詞となっています。
政令指定都市における地下鉄の初乗り料金は最高だそうです。

区数 運賃(円)
1区(1~3km) 210
2区(4~7km) 250
3区(8~11km) 280
4区(12~15km) 310
5区(16km以上) 340

全国の地下鉄の損益を比較してみると、黒字になっているのは、大阪市と福岡市のみ。他はどこも赤字なんですね。京都市営地下鉄の平成16年度は約192億5000万円の赤字で 1日あたり約5500万円の赤字。累積赤字額は2384億円。投資金額と売上高のバランスが根本的にとれていない。一体どんな事業計画を立てていたんでしょうか?政治的な思惑と事業としての採算性の両立が難しいという結果なのかもしれません。

札幌市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約71億1378万円 : 平成16年度 累積欠損金 約3402億2824万円[1]
仙台市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約34億2601万円 : 平成16年度 累積欠損金 約1067億3556万円[2]
都営地下鉄   平成16年度 純損益 ▲約113億1600万円: 平成16年度 累積欠損金 約4733億1800万円[3]
横浜市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約69億8900万円 : 平成16年度 累積欠損金 約2298億1800万円[4]
名古屋市営地下鉄平成15年度 純損益 ▲約130億9400万円: 平成15年度 累積欠損金 約4347億1300万円[5]
京都市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約192億4800万円: 平成16年度 累積欠損金 約2384億4700万円[6]
大阪市営地下鉄 平成16年度 純損益 約38億9287万円 : 平成16年度 累積欠損金 約1098億1944万円[7][8]
神戸市営地下鉄 平成16年度 純損益 ▲約58億9100万円 : 平成16年度 累積欠損金 約1078億9900万円[9]
福岡市地下鉄  平成15年度 純損益 約12億8000万円 : 平成15年度 累積欠損金 約1310億2069万円[10] 

【2006/05/22 23:20】 | 気付き
トラックバック(0) |
少し飲みすぎた次の日は、二日酔いでしんどいですよね。これは、アルコールが体内で酸化して生成されたアセトアルデヒドの影響。これが、頭痛、吐き気を生み出すもとです。このアセトアルデヒドによる影響を抑える商品は世の中にたくさん出ていますが、先日飲んでみてよく効いたのが宴会サプリ。健康食品なので、医薬品ではないですね。有効成分は、システインペプチドのようです。
私の場合、酒を飲む前にサプリメントを服用して試してみました。当日はあまり効果を感じませんでしたが、明らかに二日酔いの程度は緩和されていました。深酒しそうな日は、お奨めの商材です。

【2006/05/20 23:09】 | 気付き
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。