様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日から公開となった「沈まぬ太陽」を見てきました。山崎豊子さん原作の映画で、途中で10分間の休憩が入るほど超ロングな作品でした。恩地元役は渡辺謙さん、行天四郎役は三浦友和さんなど、豪華キャストで構成されていました。この映画のテーマは、労働組合、ジャンボ機墜落事故、政治と企業、生命の尊さかな。夫々の役者が見事な演技を見せ、素晴らしい内容でした。特に、きれいな役では定評があった三浦友和が汚れた役を見事にこなしている点がよかったと思います。

山崎豊子さん原作の映画やドラマに出演する俳優は、複数の作品に出演しているのですね。「白い巨塔」や「不毛地帯」の唐沢寿明さん。今回の沈まぬ太陽でも、「大地の子」で主演した上川隆也さんが、最後の2分くらいだけ出てくるあたりが憎らしかったです。また、華麗なる一族で、万俵大介の愛人役をした鈴木京香さんが、恩地の妻役を演じても違和感ないあたりがさすが役者といわざるを得ません。俳優さんにとって、この映画に出演することが名誉なことなように感じました。

私の気に入ったの場面は、恩地の娘が結婚の話で先方の両親と対面するシーン。鈴木京香のセリフと手を差し出す演技に感動してしまいました。

ただ、この映画の気になるところは、2点あります。
1点目は、国民航空と称する飛行機会社が、日本航空に酷似する内容となっていることが許されるのか?それは、原作でも同じですが、御巣鷹山まで出てきては、どう見ても日本航空としか読み取れない。JALの社員が見ると屈辱的な内容となっています。それほど、ジャンボ機墜落事故が大事件だったということかもしれませんね。
2点目は、恩地元のモデルとなった小倉寛太郎さんは、御巣鷹山のお客様係を担当していない。労働者側を美化した内容とも受け取れるところも気になりました。

これらの気になる点はありますが、フィクション映画として受け止めることはできると思います。

スポンサーサイト

【2009/10/25 11:08】 | 余暇
|
 この2年間投稿しなかったので、FC2の進化についていっていなかったのですが、管理サイトを研究していると、いろんな機能が追加されていることに気付きました。どんな機能が追加されているのか実際、試して使っていると、ブログの書籍化ができる機能が付加されていることが分かりました。先ほど試してみたのですが、無料でPDFファイルに落とすことができるんですね。結構簡単にできました。目次を作ったりすることも可能です。紙ベースで見ると、自分のものとは思えなく、高級感がありました。ブロガーの新たなリクエストに答えているFC2は、大したもんです。顧客本位のサービス感があるサーバー運営です。ちょっとしたうれしさがありました。

【2009/01/08 23:55】 | 余暇
|
最近、カラオケで歌を歌うことがほとんどなかったのですが、今夜は数年ぶりにカラオケで声をあげました。名前通り、つい大声になってしまい、今でものどが痛いです。

それにしても、歌おうと思ってメニューを見ても、昨今の曲で発声が可能な曲がちっとも見つからないんですね。知っている曲と歌うことが出来る曲はまた別。音程の幅がどれくらいかを把握していないといけないのです。そこで、結局選んだ曲は、学生時代によく歌った歌になってしまうんですね。少しさびしい気分になりました。

ふと時代の流れから外れていることに気が付き、新しい歌にも挑戦しないといけないました。未知の1曲に挑戦すると、また、新たな意欲が沸いてくるものですね。何事も最初の壁を突破するのが重要なのかもしれませんね。これは仕事についても言えるかも?

【2006/09/27 01:49】 | 余暇
トラックバック(0) |
コンチキチンという祇園バヤシの鐘の響きと共に、京都の祇園祭りの季節になってきました。週末とあって、四条通界隈も歩行者天国となって、夏の風情に切り替わっていました。いつもこのシーズンは、蒸し暑くて、たまらないシーズンで浴衣と団扇がフィットする頃です。私は、京都生まれではないので、どうも祇園祭には、愛着が湧かない。夜遅くに仕事が終わって、街の顔が一変することにいつも驚いています。

20年前の思い出といえば、学生時代に当時付き合っていた彼女と宵山に四条通りを歩き、汗だくなった記憶があります。そして、出会う確率などほとんどない人ごみの中で、クラブの先輩カップルに出くわしたものでした。懐かしい記憶ですがふと甦るものですね。

今日は、ひとりで、仕事の帰りにめったに歩かない道路の中央を歩行。周辺をきょろきょろしながら、観光客や警備の警察官の観察を行っていました。今宵は、若者のカップルが多かったですね。えーもんやなあとおっさん丸出しの目つきで見てしまいました。

警察官の方々は、蒸暑い最中、制服での取締。背中が汗でびっしょりになっていました。顔つきからして、「なんで俺らは楽しめんのや」といった表情をしていました。もう暫く頑張ってくださいませ。

毎年気が付くのは、歩行者天国となった後のゴミの山。何とかならんものかなと、思ってしまいます。皆さんのマナーが、問われていると思いますね。

15・16日辺りがピークでしょうかね。会社に行くのが、少し億劫になります。

【2006/07/15 01:53】 | 余暇
トラックバック(0) |
本日は、信楽町にいく用事があったので、宇治川ラインを久々に通りました。川辺を見ると、つりをしている人でいっぱい。窓を開けて通過すると涼しい風で非常に気持ちがよかったです。天ヶ瀬ダムを通過して、307号線にでると、新緑で覆われていました。丁度お茶のシーズンで、きれいな山型に刈り込まれている茶園が美しかったです。

この山に囲まれた信楽町の人口は、15,000人。小さな町です。陶芸産業が有名ですが、それ以外にあまり産業が発達していないので、少し寂れつつあるかなという印象です。たまに、観光で訪問するのには丁度いいのですが、実際に居住するとなると、不便な町ですね。

この地域の特徴は、信楽焼に代表される焼き物と紫香楽宮跡といった遺跡、そして、朝宮地区は、1200年の歴史を持つお茶の産地。朝宮茶は今でも天皇家に献上されているようです。陶芸では狸の焼き物は有名ですね。あとは、ゴルフ場などの観光収入くらいかな。

信楽町は、平成の大合併で、水口町、土山町、甲賀町、甲南町と合わせて甲賀市に統合されたようです。合併協議会のHPを見ると、この周辺の状況が垣間見えます。実は人口の大半は水口町。お茶の生産量は、朝宮で有名な信楽町より土山町の方が多いとか、大半の観光収入は信楽町からでていることが分かります。

自然が多くていい町なので、都市計画と少子化対策を同時に解決できる妙案が企画されることを期待しています。


【2006/06/03 23:28】 | 余暇
トラックバック(0) |
本日で、ブログを開始して1周年。仕事で苦しくなって、中断していたり、再開に戸惑ってしまったりしながらの1年間でした。ブログは、始めてみると、毎日何かを考えないと続かないということですね。自己啓発をしていく上で役に立つツールですね。

そのツールを昨日から大幅に見直しました。FC2のカスタマイズ機能をみると、いろんなプラグインが用意されているんですね。中には、フラッシュの時計や天気予報やニュースなど、自分の好きな機能を選択できるところがいいですね。HTMLやCSSの用語はとっつきにくいですが、触っているうちに少しずつ理解できるようになって来ました。参考書として今井 剛(2005)「すぐに使えるブログカスタマイズブック」が手助け役となってくれましたが、このサイト「無料ブログ テンプレート カスタマイズ」が実用的で一番有効でした。文法的なサポートをしてくれるので、改行したい時やフォントを変更したいときなど、痒いところをサポートしてくれます。

まだ、知らないことだらけですが、プログラムコードを見て、意味が少し分かるようになってきたレベルです。これからもう少し勉強して、自在に、設計できるようになりたいものです。

それにしても、FC2は公式テンプレートやプラグインの他、ユーザーが作成したものを共有で使用できるテンプレートやプラグインが用意されているので、種類が豊富で重宝します。特に、プラグイン可能なタイプのテンプレートを選択すると自分でカスタマイズする選択肢が広がります。私には、FC2が自分のレベルとぴったりあっているので、ちょうどよかったです。プロバイダを選択するにあたっては、自分のスキルと好みの適応性が非常に重要だと思いました。

【2006/05/28 19:08】 | 余暇
トラックバック(0) |

☆祝☆ 1周年!
うずまきナルト
ブログを模様替えされていたので驚きました。。
初夏らしいカラーでまとめられて、素敵ですね。
鋭さの中に優しさがあるBig Voiceさんの日々の声を、これからも楽しみにしております。


Big Voice
うずまきナルトさん

ご無沙汰しています。お変わりございませんか?
お祝いのメッセージありがとうございます。

新たな気持ちにしたかったのでサイトを一新しました。気分が変わって気持ちが良いです。今後も暖かく見守っていただければありがたいです。


コメントを閉じる▲
久々の書き込みです。

このところ、生活が不規則で、夜行性の動物になりつつあるようです。
朝の9時ごろから夜の12時くらいまで仕事をしていると、だんだん疲れがたまってきます。頭の回転は、午前中はほとんど切れ味がない状態。昼から正常になって、深夜に好調になると生活が続いています。すると適度に運動するという余裕がなくて、本当に体力が無くなっていると痛感します。先日も、少し歩いただけで、足にガタがきたように感じるのは年のせいかな。毎月、定めた日に運動するなど、自分で計画性をもって体を動かさないと足が退化していきそうです。

昨日、テレビをみていて、興味深い製品がコマーシャルされていました。その名前は、「マッスルシューズ」。大リーグ要請ギブスじゃないですが、靴のソールに、鉄のビーズが入っているウォーキングシューズです。是非、購入して試してみたいと思っています。履いた経験がある方がいらっしゃれば、感想を教えてください。

【2006/03/19 11:15】 | 余暇
トラックバック(0) |

マッスルシューズは知りませんが......
ぜうピ!!
ナイキのアンクルウェイトを使っています。
足首につけるウェイトです。
私のは片足で2.27kg。
犬と散歩する時や、たまに会社に行く時もつけて一日がんばっています。
結構効きますよ。

試してみたいです
Big Voice
ぜうピー!さん、情報ありがとうございます。
昨日、会社でも、同じタイプの商品、アンクルパワーを紹介してもらいました。
靴や屋外、屋内を問わないので、こちらの方がお奨めだとか。
いずれにしても、膝が、もっと上がるように鍛えないと、躓きが多くなってしまうと危機感をもつようになりました。
また、お奨めの情報をお願いします。

コメントを閉じる▲
昨日ポリスと偽って、イタズラ電話をかけてきた同窓生のまつかわさんとバードパークで再会。彼とは2年ぶりに再会したわけであるが、久々に刺激を受けたとのこと。彼とのコミュニケーションで印象に残ったことは以下の2点。

彼曰く、駐在を長年続けていると、だんだん頭がぼけてくるそうです。ゴルフ漬けになったり、日本人学校や塾での子供の世話をするなど、在駐生活に慣れることを優先しているうちに、頭を働かせる機会が少なくなってくるためです。彼も、自己啓発の何らかの施策を考えないといけないとおっしゃっていました。これは、日本にいても同じかもしれません。要は心がけ次第ですね。

また、シンガポールに限らず、「海外勤務をしている方でその専門分野で3年以上同じ職務を勤めている方で且つ、他社から声が掛からない人は、社内に残ってもそれなりの実力しか発揮できない」というまことしやかな話もあるとのことです。一方で、海外の世界では、ある日突然、マネジャーがライバル会社に移籍してしまうことは、日常茶飯事のようです。日本のように、特別に驚く話ではないのです。

つまり、国際感覚に優れた社員になるためには、他社から声が掛かるくらいにスキルを磨かないといけないようです。超ドメスティックに生きてきた私にとって、「個人的にも競争力をつけないといけない」という、彼の言葉の重さを実感し、今自分に何ができるのかを内省しました。
人気blogランキング
1クリック頂戴できれば幸いです。

【2005/07/17 23:50】 | 余暇
トラックバック(0) |

びっくりしました
まつかわ
偶然の出会いでした。思わず、「逮捕」してしまうところでありました。約3週間前、よねたつさんが来星された時から、このままでは、「おれはアホになる」という意識をもっていたのですが、それを確信させてくれた超偶然の出会いでありました。それにしても、このシンガポールに神戸の仲間がおられることに感謝したいと思います。

お礼
Big Voice
突然の出会いにお時間を頂き、本当に感謝いたします。今度は、予期した出会いにしたいと思います。
いつあっても、自分たちを素直に語れる、それがこのネットワークの素晴らしさですね。
大した内容はないブログですが、たまに、覗いていただいてコメントいただけると、ボケ防止に役立つかもしれませんね(笑)。

コメントを閉じる▲
シンガポール在住の同級生のうめむらさんと出会って、島内の観光。
家族と共に現地で在住なさっているとのこと。至って元気そうで、何より。日本にいるより伸び伸びなさっている様子が印象的でした。
昔話に花を咲かせると同時に、最近の近況の報告。シンガポールが如何に東南アジアの拠点になっていることがよく分かった。

ここまでは旅行出発前から予め計画していたことであった。ところが、昼ごろ、警察を装った電話が私の携帯電話に連絡が入った。ちょっとややこしい話になりそうだと思っていたら、なんと、もう一人の駐在員のまつかわさんからイタズラ電話。おっと驚き。なぜ、私の携帯電話の番号が分かったのかを尋ねると、この2人が子供が通う病院(日本人向けの病院)でバッタリ出くわしたそうである。思いもかけない偶然の出来事に非常に驚いた。日本にいても、なかなか会えないのに、意外と世の中は狭いものですね。

人気blogランキング
1クリック頂戴できれば幸いです。

【2005/07/17 00:53】 | 余暇
トラックバック(0) |

コメント
うめむら
シンガポール滞在中に色々な話(昔話、今の仕事、グローバル化etc.)ができ楽しかったです。偶然の出会いを含めて、色々な視点で考えることの大切さや自らが情報、刺激を求めていく姿勢の大切さ等、いい刺激をもらったと思っています。私も頭がぼけてしまわないようにまつかわさん同様に自己啓発に努めるなり、目標を決めてスキルアップを継続せねばという思いを強くしました。またの来星を楽しみにしています。

新たな刺激
Big Voice
現地でのお世話ありがとうございました。意外と同窓生の活動状況を情報交換するだけで、今のままではいけないと焦りを感じてしまいますね。次回お会いするまでに、新たなる成長を遂げたいと思います。



コメントを閉じる▲
海外の旅をしていると、同じツアーに参加している方と妙に仲間意識が芽生えるものである。本日もそんな印象を特に受けた。

最初は、相手がどんな方なのか、猜疑心をもって様子を伺う。その後、同行しているうちに相手の表面的な気質が見え始めると妙に、少しずつ安心感を抱くものである。それがいい面でも悪い面でも。この人は、こんな特徴があるということを理解するだけで、心もとない気持ちが研ぎ解される。狭い空間に偶然に入った仲間。たまたま、同じ条件が揃ったというだけなのに、必然性がない故に変な先入観を持たない。

そんな態度は、典型的に無邪気な子供の行動に現れる。2日前に、初めてあったのに、今日は、他人にでも人懐っこく手を繋ごうなんて、相手の心の壁をすぐに打ち破れる。私にも、こんな壁のない時代があったのかもと思うと、この勇気をもっと取り戻したいとヒシヒシと感じた。

組織の壁というのは、実は、大人のもつ見栄や偏見といった些細な事から影響を受けたりするものだ。仲の悪い事業部を分析してみると、実は、本部長同士がいがみ合いしているだけだったという話をよく聞く。相手の心の中に入って、じっくり聞いてあげれば、壁なんて壊せるものなのかもしれないとふと思った。3歳のようちゃんに妙に励まされたような気がしてならなかった。
人気blogランキング
1クリック頂戴できれば幸いです。

【2005/07/16 02:13】 | 余暇
トラックバック(0) |
昨日は、回線の接続状況が悪く、投稿できず。誠に残念。
メモで残していたのを、本日記載しました。

人口400万人の小さな町シンガポール。面積は、淡路島くらいしかない。町で走る車を見ると、タクシーならクラウン、乗用車なら、カローラやカムリなど、貨物自動車を含めて日本車が圧倒的に多い。外に出ると、建設中のビルの工事請負元が鹿島建設。セブンイレブンやスターバックス、マクドナルドなどがあり、日本にいるのとそんなに違和感を持たない。特に経済面で日本が及ぼしている影響は計り知れない。

シンガポールで特異的に気が付いたところを3点。
まず1つ目は、ゴミが少ないことに驚き。町でポイ捨てをすると罰金を
科せられるためか、路上に散乱するゴミがない。人々もゴミ箱に入れる
シーンをよく見た。日本でも意外と守られていないことですね。
懲罰による抑止力の表われかもしれない。

2つ目は、一方通行の道路。日本なら、道幅が狭く、対面通行が当たり前であるがここは、追い越し車線のある道路がない。行く道、行く道、ほとんどすべてが一方通行。車で向かいの道路に出るのに、ぐるっと回ってこないと向かう方向にでれない。これも小さな町で、交通渋滞を防ぐため知恵なのだろうか。

3つ目は、ビルなどの建造物の壁に塗られている色がパステル系なこと。ヒンズー教の寺院に行った時に、同様のカラーが使用されていたことを考えると、この国の宗教から影響を受けているのだろう。

いずれにしても、多民族な経済国家。各地方、地域の文化を受け入れる体制があるような印象を受けた。それに比べると日本は、同一であることを恐れる民族。なのに、経済的に圧倒的な影響を及ぼしている姿が、妙に好対照的であった。
人気blogランキング
1クリック頂戴できれば幸いです。

【2005/07/16 00:41】 | 余暇
トラックバック(0) |
今日から夏休みをとって、思い切ってシンガポールへ出国。
久々の連休となり、ワクワク楽しみにしてまいりました。

関西空港からシンガポール航空を利用して約6時間。長旅でかなり疲れました。ホテルで、インターネットに接続するのにつたない英会話で一苦労しました。SHIMAUCHIさんやじゃっくさんならさぞうまく交渉できただろうなと勝手に想像しました。

旅行中に気が付いたことが3点。
まず、関西空港でシンガポール航空の地上業務をしているのが何とJAL社員でした。何だか、制服が似ているなあと思っていると、実は本物でした。ゲートに入ってから、シンガポール航空の社員の方になぜ、JALの方がここで働いているのかと尋ねたら、業務委託しているとのこと。労務費削減に向けた企業努力の一部を垣間見たような気がしました。

次に、飛行機に乗っている間に、客室乗務員(スチュワーデス)の方の仕事の取り組み方が非常にテキパキしているのに驚いた。お絞りや食事などの運ぶ時の作業動作に無駄がない。つい作業効率性をみてしまうのは職制かな。経験からして、外資系の航空会社は、サービスがよくないイメージを持っていたのですが、シンガポール航空の社員はよく働きます。それに、コスチューム(サロンケバヤというらしい)がとても素敵ででお気に入りになりました。

あと、座席に付帯しているテーブルが、機能的。各座席毎に、液晶ディスプレが付いている上に、その両サイドに、小さなポケットが用意されている。ちょうど携帯電話が入るくらいの大きさが2つ。使用済みのお絞りや、ちょっとした紙くず一時保管するのにぴったりな大きさが機能的でした。ANAやJALもこのテーブルの構造について、見習えるところがあるように思った。

よく観察すると、ちょっとした発見ができるものですね。
人気blogランキング
1クリック頂戴できれば幸いです。

【2005/07/14 02:51】 | 余暇
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。