様々な意思決定の支援をお仕事としている者が書いたブログです。お仕事やプライベートを通じて、気のついたこと、ハッとしたこと等を書き留めています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 吉本の漫才コンビ島田紳介・松本竜介について吉本興業が製作した収録版DVD「紳竜の研究」を見ました。コンビ解散以降、「サンデープロジェクト」や「行列のできる法律相談所」などの司会業、更には「クイズ!ヘキサゴンII」の番組から羞恥心をプロデュースするなどテレビ番組で味を出している島田紳介さん。この人の頭の良さに以前から驚いていましたが、改めて研究してみるといろんなことが分かってきました。このDVDの第二章・・手段の部分は非常に勉強になります。この部分はお勧めです。

まず、第一に島田紳介さんは、真のマーケッターですね。その理由は、漫才を行っていたときからその片鱗がありました。自分たちの漫才に対する客のターゲット相は、20歳~35歳の男性ということをはっきりさせていた。そのころの漫才は、梅田花月に来場される顧客は大半が年配者。ターゲット相は非常に少ない。しかし、そこのピンポイントに深く支持されるようなネタを話していました。また、先輩の漫才を分析して、なぜよくウケるのかを研究していたとのこと。あのヤンキースタイルの漫才をしていた頃、私は高校生前後だった記憶がありますが、全然気づきませんでした。

二つ目に、相方に仲のいい人を選ばなかった。自分の漫才の理想像を掲げて、それを理解してもらえる人を探した。つまり、好き嫌いで相方を選ぶのではなく、自分に必要な相方として竜介を選んだ。そして、更に驚いたことに、漫才コンビを始める前から自分たちのネタは10年持たないということに気づいていたこと。結局、紳介・竜介は8年でコンビを解散する結果となるのですが、この紳介の先見性は目を見張るものがあります。

三つ目に、紳介さんは、仕事に対する誇り、才能、努力をフルに使う。勝負にでるまでは、努力するが負ける勝負は行わない。オール巨人のモノマネを聞いて、自分はモノマネ漫才は絶対にしないと決めた話しも一つの例です。また、負けないように優れた先輩コンビ(当時はいとし・こいしや海原千里・万里)を徹底的に調べる努力をしたようです。例えば、1分間の「間」の回数、「落ち」のパターン、ウケている理由をデータにして分析していたとのこと。まさしく、これぞプロだと思いました。

四つ目に、これは、私の解析ですが、紳介さんは、直接話法の利用と「例え」が上手です。努力という話をするときに、野球を例に使います。そして、掛布さんという有名人を出して、虎風荘(阪神タイガースの独身寮)で毎日500回素振りしていた話をし、掛布さん曰く、「素振り500回はプロ野球選手ならみんなしている努力。そんなものは当たり前で努力と呼ばない。」といい、努力の定義が違うことをうまく伝えています。そして、この内容を、会話調で語るんですね。それが非常にリアルに感じる技です。

最後に、紳竜の研究を見て、自分は、無駄な力を使っておりロスが多いように感じてしまうと共に、何を磨くべきかを改めて考えさせられました。大事なところは基本、漫才でいえばリズム。しかし、その基本が何かを私は本当に理解しているだろうかと。

他にも参考になることがたくさんあります。お勧めの作品です。
スポンサーサイト

【2009/09/27 17:26】 | マーケティング
|
 今まで、FC2のブログサービスを利用してきて、全く知らなかったのですが、この会社は、ネバダ州のラスベガスにある会社なんですね。所在地は、101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109です。ブログの管理者サイトに掲載されていました。この所在地をgoogle mapで検索してみたら、都会の街中のビルが出てきました。この会社が、日本人向けにラスベガスで事業をしているのには何か理由があるのでしょうね。
 代表者は、Maurice Bannon氏とありますが、実質運用しているのはCEOである高橋 理洋氏、高橋人文氏の両兄弟のようです。高橋理洋氏はロサンゼルス在住。正社員は17名で、ほかに非常勤スタッフが30名。その大半が技術者。とヤフーインターネットガイド5月号に掲載されていたとの記述がありました。
 それにしても、この会社のビジネスシステムはよく分からないですね。収益源は、恐らく広告だと思うのですが、それにしても、FC2とロゴが出てくるシーンはほどんど無いです。実は、私もこの広告露出度の少なさとユーザー本位の設計から、この会社のサイトを利用しています。従業員の数からして、数億以上の売上がないと、成り立たないように思えるのですが、実態はどうなのでしょうか?サーバーの数にしても100以上あり、レンタルサーバーや受託ではやっていけないほどの投資がされており、非常に充実しています。とてもビッグなスポンサーが背後にあるとしか思えないです。アダルトを許可しているところが、この会社のミソかもしれません。業績が上がって成長してれば、経営学の研究対象にしてみたいものですね。



【2009/01/07 23:57】 | マーケティング
|
 表題は、本物のメジャリーグのことではなく、昨年に引き続き、今年も正月にNHKの教育テレビで朝から連続で放映している満田拓也さん原作のアニメ番組です。この番組は、4年くらい前に小学生になる娘が夢中になっていたため、土曜日の夕方、時折一緒に見ていたのですが、昨年のNHKの正月連続放映から、ここ1年すっかりはまりました。今年もついつい見てしまいました。
 この番組は、ただのアニメにはない何か、私を引き付けるものがあります。それが何かよく考えてみたのですが、次の5つではないかと思います。
1.最初からできないと思わない
2.親近者であっても少し距離感や緊張感を持つ
3.夢を実現するためには何より重要なのは努力
4.相手が強ければ強いほど闘志がわいてくる
5.どんな困難なことがあっても諦めない

物語は、いつも主人公である吾郎の熱い想いにつられて周囲およびライバルのメンバーの心が揺り動かされて、自分の持っている以上の力を出していくパターンです。どんな逆境でも、吾郎の前向きな姿で難関を乗り越え相手を圧倒してしまうところが、とても気に入っているところです。
ただのアニメとバカにしてはいけないと思って見ています。男親が、子どもとコミュニケーションをとるにはちょうど良い番組ですね。NHKが放映している理由がよくわかるような気がします。


【2009/01/03 11:30】 | マーケティング
|
私の洗濯機は、10年前に購入した全自動洗濯機の三洋「ひまわり」。この洗濯機は機能面では特に不自由していることはなかったのですが、屋外においていたので、ふたや外観が紫外線で劣化し、パネルのはがれ、表面のヒビなど、だんだんひどくなってきていました。そこで思い切って、洗濯機を更新することにしました。

土日の休みに店頭にいって、いろんな洗濯機を見ましたが、私が重視した部分は以下の4つ。
①部屋が狭いので、スリムなタイプ
②社宅生活なので、夜間でも選択できるように低騒音
③乾燥機付きの洗濯機
④10年に1度の買い物なので、後悔しない
こういった商品を買いたいと思っていました。あとは、以前に所有していた洗濯機の機能は最低限保持したいというものでした。

購入時には、特に①のスリムなタイムを優先して、東芝のドラム式洗濯乾燥機TW-150SVCを購入しました。値段的には、かなり高価な買い物で、15万円を超える金額となりました。スリムなドラム式洗濯乾燥機を選んでいたので、よく売れる大容量の洗濯ができるTW-150VCより3万円ほど高い金額となってしまいました。やはり、量産の効果は大きいのですね。この洗濯機TW-150SVCは、私が想像した以上に低騒音。部屋の中にいても、洗濯しているのかどうか分からないくらい静かです。この機能の優秀さには、本当に驚きます。音がするのは、最後の脱水時間のみです。あとの洗濯、すすぎ時間等は、よく聴いていないときこえないくらい静かです。テレビをつけていたら、洗濯しているのかどうか分からないほどです。ドラム式も洗濯機能が十分にあることも確認できましたので、敢えて、気になる点といえば、液体洗剤を推奨していることかな。その点を割り引いても機能面は優れていると思いました。

多分、東芝の技術者は、騒音が出る部分を解析して、一つ一つつぶしていったのだろうと思いました。少なくとも
1.音がでないようにする(音源を絶つ)
2.音がもれないようにする(密閉度を上げる)
3.音の質を気にならない音にする(不快感のない音にする)
などの工夫がなされているような気がします。

最近の公害は、昔の大気汚染や水質汚濁より、騒音や振動、異臭の方が問題になる世の中。そういった動きをうまくつかんだ商品であると思いました。そんな努力の賜物ですね。日本の技術も捨てたものではないですね。

高価な買い物だったので大切に使っていきたい消費財です。

【2006/09/15 01:54】 | マーケティング
トラックバック(0) |
植村さんは、私の娘がはまっているラブ&ベリーの開発者。この人は、虫キングを開発した人だったんですね。そういえば、6月のプロフェッショナルでも紹介されていましたね。私はこの番組を見損ねていましたが。

4歳の娘の行動を見ていて、この開発者の付け所の素晴らしさに何点か気が付きました。
一つ目は、おしゃれをカード化していることです。しかも、それが、次回のプレーにも活かされるのです。通常なら、カードは1回きりなのですが、それが、継続しているところがミソですね。これは、虫キングと共通しているところ。

二つ目は、幼児にもゲームが楽しめるように工夫されているところです。例えば、おしゃれとダンスでポイントとなっているのですが、ダンスでは、画面でタンバリンの動きが表示され、それと同じタイミングで叩くとポイントが加算される仕組みとなっています。ひらがなで表記するのはもちろんのこと、ちょーかんたんモードなど、難易度にも工夫がされています。

三つ目は、カードのソフトウェアです。ここで紹介されている衣装は、本当にデザインを起こせるのだそうです。それ程、完成度が高いのかもしれません。私の娘は、持っているカードの名前まですべて暗記してしまっています。親としては、もっと他の名前を覚えて欲しいのですがね。

CGの動きは、本当にリアルにつくられています。このゲームを見たことがない方は、ジャスコやサティなど、親子で買い物にいけるところのゲームコーナーで見ていただければ、分かります。

早く、このブームが去ってくれないかな。

【2006/09/06 00:22】 | マーケティング
トラックバック(0) |
本日の日経新聞朝刊で、面白い記事を発見。ファミリー経済のエコノ探偵団という特集に掲載されている記事です。パンにつけるジャムと自動車は、一見全く無関係に思えますが、これらには、共通している事項があるとのこと。

ジャムは、糖分が半分以上を占めるほど、原材料の大半が砂糖に由来しています。私も、アオハタのイチゴジャムをよく買うのですが、その糖度は、55。昔のジャムより少し甘味を抑えたタイプです。砂糖原料の生産量は、世界で1億5000万トン。そのうちトップは、ブラジルです。ブラジルでは、サトウキビを原料として、砂糖が生成されるんですね。その砂糖の相場が上昇しているとのこと。

一方、最近低公害車の普及に伴って、エタノールが自動車燃料に使われるようになっています。原油が高騰するに伴って、米国も政府が支援して、積極的にエタノールを使用する方向に動いています。特にブラジルでは、ガソリン車よりフレックス車といって、ガソリンとエタノールを混合した燃料を使う車が55%を占めているようです。

さて、ジャムと砂糖との関係、自動車とエタノールとの関係は分かりましたが、これらの関係は、どこで繋がっているのか。実は発酵プロセスで結ばれているんですね。ブラジルのサトウキビ原料処理メーカーは、サトウキビから砂糖を生成する方が高く販売できるか、それとも、サトウキビから得た糖蜜を発酵させてエタノールを生成させる方が高く販売できるかを選択するんです。今では、エタノールが、燃料用に使用されて、需給が逼迫しているので、砂糖を生成するより、エタノールの方が高値で売れるんです。したがって、粗糖の生産量が低下し、砂糖が高騰し、ジャムが高騰するとのこと。この影響でエタノールも高くなっているのです。

原油高騰が、こんなところに影響しているなんて想像できないかもしれませんが、身の回りのあらゆるところで、原料の高騰の歪が価格に現れているように思います。原料高の状況で如何に儲けるかが、どこの企業も求められている課題だといえます。

【2006/06/04 23:13】 | マーケティング
トラックバック(0) |
やっと、念願のカウンターを設置しました。今まで、カウンター設置のスキルがなくて、どうやって実現すればいいのか分からなかったのですが、なんとか自力で解決できました。ヒントはこの書籍です。
青木 恵美さん著作の『誰でも簡単!手取り足取り 「自分流」ブログ入門 このとおりやればすぐできる』で簡単にできることがわかりました。試しにログインして実行してみたら案外簡単に実行できました。

FC2のいいところは、
①一目でわかるアクセス統計グラフつきで分かりやすい
②超シンプルで広告なし。
③共有カウンター画像が2000種類以上と豊富
④二重訪問者ノーカウントが可能
⑤使用料が無料
です。

このブログがFC2のサーバーを利用していることもその採用理由の一つになります。設置当初は、本当にカウントアップしていくのか不安でしたが、何とか機能しているようです。とにかく、素材と設置自由度が高いので、少しwebがいじれる人にとっては、いい情報素材ですね。興味がある人は一度、ユーザーIDを登録して試しに使ってみてください。

【2006/05/24 23:56】 | マーケティング
トラックバック(0) |
ゴールデンウィークに今流行のウェブ進化論を購入し、読みました。
googleが如何に斬新な発想に基づいて設計されているかよく分かりました。yahooのニュースは、人間の手で編集されているのに対して、googleは、完全にコンピュータによる検索でニュースが掲載されるのだそうです。恐るべしロボット検索。そもそも、同じポータルでも、全く仕組みが異なるだとか。

また、グーグルマップは、すごいですね。例えば、自宅の住所を入力して、いつもと同じように検索すると、何と衛星写真が飛び出してくるんですね。このリアルさには驚きました。完全に網羅していない地域もあるようですが、まるで、近くを訪問したような気分になります。
それも、世界中の衛星写真が写るのですから、海外の様子もよく分かりますね。一度、試しに覗いてみてください。

【2006/05/13 23:07】 | マーケティング
トラックバック(0) |


邦平潤平
いつもありがとうございます!

ブログ拝見させていただきました。

観点は異なるのですが
私もグーグルマップについての記事を
書きましたので
勝手ながらTBさせていただきました。
ライブドアですけど、よろしければ覗いてみてくださいね。
よろしくお願いします。



Big Voice
邦平潤平さま

素敵なブログですね。また、ちょこちょこ訪問させていただきます。

googleは、利用しだすと止められませんね。検索の仕方も少し覚えるとヒット率も高くなりますし、可能性を秘めた検索ソフトです。私には衛星写真が飛び出るなんて、日本人にはない発想だと思いました。


インリン
たまにこっそり閲覧させてもらってます。
最近があまり更新がなかったので心配しておりましたが、お元気そうで何よりです。
googleで「管理会計」をキーワードに検索したら、9番目に登場しました。
「管理会計」「次第」で検索したら、見事にトップに出てきます。
ブログは、更新すれば検索サイトの上位に出てくるようになってます。
これからも、更新されるのを楽しみにしております。
たまには、グルメの話とかも見てみたいですね。
そこから『さおだけやはなぜ潰れないのか』のように管理会計話につなげてしまわれるのでしょうが(^^;)。

本当に9番目でした
Big Voice
インリン様

うそかと思って、管理会計で検索してみたら本当に9番目に出てきました。更に管理会計&次第で入れると本当にトップに出てきますね。何だか驚きです。
くれぐれも口癖に注意しないと。。。。

もっと気楽にテーマを考えて見ます。

コメントを閉じる▲
本日、シェーバーの歯を買い替えようと思って、みどり電化を訪問。この会社では、みどりちゃんというキャラクターを使って、「やってみます」の唄を館内に延々と流しているんですね。歌詞は以下の通りです。

いつもニッコリ微笑んで、「やってみます」のミドリです。
できませんという前に「やってみます」のミドリです。

お客さん「コレ、今日配達してくれる?」
ミドリの店員「やってみます!」
お客さん「ちょとでええから勉強して!」
ミドリの店員「やってみます!」

ときには、勇気がいるけれど、やってみなくちゃはじまらない。
やると決めたらどこまでも、「やってみます」のミドリです。
理想は高く腰低く、「やってみます」のミドリです。

「やってみます」「やってみます」「やってみます」
「やってみます」のミドリです。
「やってみます」のミドリです。
「やってみます」のミドリです。


「やってみます」が12回も出てくる、この唄を四六時中聴かされる社員は、本当にやってみようという気になるのかなと思った次第。
余りにもひつこいような気がしてなりませんでした。

【2006/02/05 22:43】 | マーケティング
トラックバック(0) |
新聞と一緒に入っている電化製品のチラシやジャパネットたかたのテレビ広告でよくあるのが、限定20台とか先着10名さまといった希少性の訴求。この希少性の影響力は、人の心を動かしてしまうんですね。

「影響力の武器」の例で取り上げられていたのが、クッキーの研究です。少ないクッキーはたくさんあるクッキーよりも高く評価され、また、たくさんあったのにその後少なくなって希少価値がでたクッキーは、一層高く評価されるのだそうです。お店に商品を探しにいった時に、「最後の一つです。お客様はラッキーですね。」といわれると得した気分になり、ついその値段で買ってしまったりするものです。これは急いで買い求めないといけない気分にさせるからだそうです。数少ない資源を求めて競争しているという感覚は、人々を強力に動機付けるとCialdiniは指摘しています。

この原理を使って中古車販売を行っているCialdiniの弟リチャードの例が素晴らしかった。リチャードは、車を売っていたのですが、その場所は、ショールームでもなく、カーロットでもない。週末に誰かが、個人的に新聞紙上で出した中古車を数台買っておいて、それに洗車以外何も手を加えることなく、次の週末、決められた額を上乗せして販売できたのです。彼が使ったテクニックは、興味を示すお客を同時に集めることなのです。これによって、限られた資源を求めて競争する雰囲気を生んでいたのです。

彼の頭の良さには感服します。巧妙に希少価値を出すことで、顧客から契約を獲得することができるのです。人に、価格交渉の余地を与えず、早く契約をしてしまわないと思わせる仕組みが重要なのでしょう。

以上で、「影響力の武器」の6つのカテゴリは終了。是非、何か知恵がいるなと思ったときには、この6つの切り口を参考にすれば、きっといいアイデアが浮かぶかもしれません。私も、頭の中に、いつでも引き出せるようにしまっておきます。





【2006/01/15 22:28】 | マーケティング
トラックバック(0) |
権力者が人に影響を与えるということは、容易に想像しやすいですね。6つのカテゴリの中で一番明快でした。この人の言うことなら安心と、疑念を持たなくなる現象は、Cialdiniの書いた1991年ごろでもありますが、つい最近起きたソウル大の黄禹錫(ファン・ウソク)教授のES細胞論文捏造事件でも同じだと思いました。

韓国国民をはじめ、世界の研究者が、彼の論文に疑念を持たなかったのなぜだろうか?そこを考えることでAuthorityの武器の特性を見極めることができます。彼は、韓国の中で、もっともノーベル賞に近い人材と目されるほど、注目された人でした。つまり、彼なら、そんなことをやり遂げるに違いないと自動的な反応が起こっていたのであろう。研究者やマスコミまでが、この影響力を受けていたことになります。この記事をみれば、その期待のされ方がわかります。

また、日本で言えば東大教授のようなソウル大教授という肩書きや知的と思わせる服装も自動的反応の後押しとなったのでしょうね。

このような影響力に対して、正しく判断するためには、次の2つの質問が役に立つそうです。
①この権威者は、本当に専門家なのだろうか。
②その専門家は、どの程度誠実なのだろうか。
常に、この2つにことを頭に入れて質問すると、騙されずに済むとのこと。つい、有名な大学の先生の話となると、私もすぐに盲目的になってしまう傾向があります。気をつけなくては。。。

ただ、もっと高度なテクニックとなると、自分の誠実さを逆手にとった専門家もいるそうです。例えば、高級料理店で少し安い料理をお奨めしてくれる専門家は、話の裏に何かがあるのかもと一度疑ってみた方が良いらしい。専門化が自分の利益に反して話をしているように見えるときは、更に用心がいるとcialdiniは警告しています。

自動的な反応を起こさせないようにするにもエネルギーが要るものですね。

【2006/01/14 23:54】 | マーケティング
トラックバック(1) |

久しぶりです。
スマート・アイ
こんにちは。

中学時代の野球部の一つ先輩のSと言えば思い出していただけますか?
年賀状整理していて、ブログのことかかれてあり、初めてのぞいて
みました。毎日継続されているのが凄いですね。

影響力の武器は、私も仕事柄、読んでいました。
相手との心理を利用して入ってくるので、
何かあれば、断るのが一番。

また、落ち着いたら一度お会いしたいですね。



ご無沙汰しています
Big Voice
スマートアイさま

初めてのコメントありがとうございます。ご返答が遅くなり申し訳ありません。
>影響力の武器は、私も仕事柄、読んでいました。
さすが、良書を見つけるのは早いですね。

>相手との心理を利用して入ってくるので、何かあれば、断るのが一番。
しかも上手に断ることが重要ですね。心理作戦にまけない論理をもっておくことが一番。簡単に人を信用しないことですね。あまりに、考えると人間不信になってしまうのでご用心を。

>また、落ち着いたら一度お会いしたいですね。
また、こちらの時間が取れる日をご連絡いたしますね。
取り急ぎお礼まで。



コメントを閉じる▲
自分が好意に思っている人の意見をよく取り入れたりすることはよくあること。CialdiniのいうLikingとは、この好意的な思考を商売や社会活動に活かすことです。

人が好意を持つ条件とは何か?恋愛とは少し異なる点はあるが、基本的な要件は同じです。自分の経歴や趣味が同じであると武器の威力が高まるのです。車のセールスマンがトランクルームにあるゴルフバックをみて、ゴルフのお話をしたりするものこの影響を行使したいためです。また、保険会社のセールスマンなら、自分の年齢や宗教、喫煙の習慣などが相手と似ていると、顧客は保険の契約を締結しやすいとのことです。不思議なものですね。自分に似ていると自然と相手に好意を持つ傾向があるなんて知りませんでした。セールスマンなら、明日からでも実行できることですね。是非試してみましょう。顧客に気に入られようとする努力が活かされることは心理学的にも立証されているんですね。

自分の知っているものやその人の身体的特徴が要因となることもあるようです。例えば、私が良く行うことは、お店の勤めるお姉さんが美人だった場合。この人をみるためにわざわざ出向いたりしますね。不細工なお姉さんよりも美人のお姉さんの方が、好意をもちますね。これは避けがたい事実。最近のNHKのアナウンサーもベッピンになってきたこともこの影響力を行使したいためでしょうか?

いずれにしても、相手と共通する何かをもったり、類似するものがあるとその影響力が高まるのは事実なようです。私も、顔も知らない人でも同窓生や同じ会社の人なら、好意をもってしまうのは、こういったことが要因なんだと、改めて認識しました。

【2006/01/14 01:33】 | マーケティング
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。